FC2ブログ

生存証明(爆)、そして・・・

みなさま、お久しぶりです。
すっかり放置プレイが板についてしまいました。(汗)
最近Youtubeのほうにすっかり気が向いてしまい、こっちは見事にほったらかし。(自爆)

そんなわけでYoutubeにアップする動画を撮ることのできるカメラに興味の対象がいってしまってます。
そう、静止画を撮ることが殆どなくなってしまいました。

2018_0727_2.jpg

2018_0727_3.jpg

そんな私が動画を撮るためのカメラとこれまでの静止画メインだったDSLRをどうするか、色々と考えました。
まず、静止画はこれまで通り?OLYMPUS E-620がメインとなります。レンズは12-60mmSWD。以上。(~_~;)

で、問題は動画カメラです。
一番手っ取り早いのはスマホのiPhoneにワイドコンバージョンレンズを付けてやる方法ですね。固定方法を何かと考える必要がありますが、一番簡単に撮影できます。自動車の車載動画を撮るときはこの方法(固定はヒャッキンでも売ってるゴム製のワイドバンドを使い、助手席ヘッドレストに挟んで止めます)ですね。
それ以外の撮影の時はやはりスマホというわけにいきません。特に自転車車載の時はハンドルマウント(ミノウラ製)に固定するのがいいのですが、当然スマホは留められず、軽いデジカメもしくはウェアラブルカメラの導入が現実的でしょう。
ただ、これまでOLYMPUS E-620やコンデジ同然のPanasonic DMC-GF5を持っているうえに更にカメラを買う必要があるのかと思うと、「持っている機材を工夫して撮影したほうがいいんじゃね?」というもう一人の自分の声があったりして(笑)、まず買ったのが以前にも紹介したオリンパスのボディキャップレンズBCL-0980でした。これを、DMC-GF5に装着して、ハンドルマウントに固定したりゴムバンド二つを使って体に密着させるようにして自転車車載動画を撮っております。

・・・

ただ、やはりGF5での撮影も限界があります。コンパクトなボディにBCL-0980や12-32mmf3.5-5.6レンズはとても小型軽量で相性がいいのですが、この手のカメラはどのメーカーも外部マイク端子は装備されておらず、生の声を入れられなくなります。
そこで、外部マイク端子を持つコンパクトなカメラを探そう、と新旧含めて探してみました。
ここで目が留まったのが、過去に一度使ったこともあるDMC-G6です。
DMC-G一桁シリーズはG5が最高傑作だと思っていましたが、基本性能はそのままに画像処理エンジンの刷新&外部マイク端子が装備されたのがG6だったことに気づきました。もちろん、G6よりも新しいG7やG8はもっと高性能化されているし、リリース当時はめっちゃ欲しかったGH3とかも候補にありましたが、
動画を撮るために身に付けて撮影することもある
ことを考えれば小型軽量な方がいいのは明らかなわけで。

2018_0801.jpg
じゃん。

↑この写真を撮ったDMC-GF5/12-32mmF3.5-5.6がマイクロフォーサーズ仲間で手元にあります。
このセット(+スマホ)で動画ライフを頑張っていきたいと思います。

あ、動画(Youtube)はこちらです、参考まで。
https://www.youtube.com/channel/UCBTBHcKx7hb04CLomMv8-PA?view_as=subscriber
スポンサーサイト

2018年の桜

気象庁の観測史上最も早く咲いたと言われています。
わが町も同様に先日開花、今日現在6~7部咲きってところですね。

昼間の用事を済ませて陽が傾いてきた時間に自転車でポタりながら撮影してきました。
ほぼ時系列で以下に紹介。(^^;;

川沿いに咲く桜と、橋に架かる橋をバックに。
2018_0331_1.jpg

JR福知山線を走る車両をバックに。
2018_0331_2.jpg

桜のトンネル。
2018_0331_3.jpg

以上、全てPanasonic LUMIX DMC-G6 と OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm/F4-5.6 で撮影しました。

BCL-0980ゲット

というわけで、先日BCL-0980なるオリンパスのボディキャップを買いました。
ええ、俗にいうナンチャッテレンズです。

今更ながらの購入なので、レビューする気はさらさらありません。(爆)
が、何もないのもあまりに素っ気なさすぎるので、紹介程度に。


2018_031311.jpg
GF5に装着した姿。(キャップ閉)

2018_031312.jpg
そして、キャップ開。(中間距離)

2018_031313.jpg
外観(厚さ)。

操作レバーの節度が殆どないとか、単体で振ると内部部品の遊びが多いためカシャカシャと音をたてます。自転車や車に固定して動画撮影というときに外部マイク端子のないGF5だと、路面からの振動やエンジンの振動等でその音が入りまくるという罠。
そんな使い方さえしなければ面白い映像が撮れます。
期待をいい意味で裏切るナンチャッテ魚眼レンズ、色々と使えそうです。

2018年、はじめての更新?

厳しかった寒さもそろそろ終わり、春が近づいてきました。
桜の前にこの季節・・・

ですが、古いデータを掘り起こしております。
2018_031301.jpg
撮影を始めたころは曇っておりましたが、しばらく待つと陽射し復活。

2018_031303.jpg

2018_031302.jpg

以上、生存証明まで。(爆)

アホの極み?

いやいや、まあまあ。
なんていうかね。

何があったかって、そりゃあね、
まあ、その~、ナンだ。

あれだよ、あれ。(どれだよ?)

じゃん。
zd 12-60_01
自分へのクリスマスプレゼント(もちろん中古)。

はい、オリンパスフォーサーズレンズの最強の標準ズームレンズと言われたレンズです、ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD。
発売当初は手がとても出せない高価なレンズの一つでしたが、今やだれも見向きもしないマウントということもあってとても手が出しやすい価格に下がってくれました。
すでに手元にWズームキットの14-42mmと40-150mmがあるにもかかわらずこのレンズを手にした理由は、①もっと広い画角のレンズが欲しいのと、②35mmフィルム換算で120mmの焦点距離までのズームを持っていること、③絞り解放値がW端でF2.8、T側でF4.0と明るいこと、④超音波モーターによる静かで速いAF、⑤最短撮影距離が25cmと近接撮影も可能、⑥極めつけは折り紙付きの高解像度な写りが得られる、といっぱい。

E-520にドッキングさせて・・・。

zd12-60_02.jpg

やっぱり?E-520にはちょっと大きいかな・・・。(~_~;)
重量バランスがフロントヘビーになっちゃいますが、E-520はグリップがしっかりしているので大丈夫です。
で、数枚試写。
やはりAFがめちゃ速いです。14-42mmが「ジーーッ、ピ」に対してまさに「シュピッ」です。こんなに気持ちよくAFが決まるなんてこの時代(2007年)のDSLRにはあり得ないことだったでしょう。っていうか、今でも感動もんですよ。NikonやCanonのフラッグシップ機と超音波モーターのレンズの組み合わせなら有り得るんでしょうけど。
それと、皆様ご存知でしょうけど、このレンズはなんと、Made in Japanです。日本人としてはやはり日本製ってやっぱり嬉しいですよね・・・このロゴを見てニヤニヤしている自分が   ←アホです。(苦笑)

そういえばマイクロ・・・でも簡易防水の12-50mmとか、パナソニックから12-60mm(LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.)とか使いやすいコンパクトなレンズが出ていますが、この二つは明るさがもう少し欲しいところですよね・・・。
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR