形から入るという美学?

zuiko14150.jpg

はい、皆様お久しぶりです&長らくお待たせしました。
当分カメラネタはないなぁ、と思いつつ手に入れてしまったレンズ。オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 14-150mm/F4-5.6です。

防塵防滴の新型モデルのほうがいいのは分かっていますが、私が使っているマイクロフォーサーズ機はすでに4周りくらい古いDMC-GF5ですから、古い14-150mmのほうがお似合いなんですよね。
それに、ずっと前から10倍便利ズームを手に入れたいという気持ちがあったのも事実です。パナの14-140mmのほうが手ぶれ補正が付いているのになぜ手ぶれ補正の付いていない組み合わせになるのにオリ14-150を選んだのかと問われると思います。
その答えは、軽量コンパクトで組み合わせたときにカッコイイからです。

そう、カッコよさはとても大事です。
マイクロフォーサーズのサイトにカメラボディとレンズの組み合わせのシミュレーションができるページがあります。
(参考:http://www.four-thirds.org/jp/special/matching.html)
GF5のボディにLUMIX G VARIO HD 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.を試すと似合わないにもほどがある、てくらいになっちゃうんですよね。初代モデルよりもコンパクトになったはずなのに、DMC-GF5にはまだまだ大きく重たいのは事実、私の美学に反します。(爆)

また、使っているGF5もそう遠くないうちにGX7(MarkⅡ含めて)あたりにスイッチすることを考えております。
GX7ならボディ内手ぶれ補正を搭載されてます、オリンパスの5軸手ぶれ補正に比べると大幅に弱いでしょうが、精神安定剤みたいなもの(苦笑)、無いよりはいいですからね。
そのGX7の相棒に4-42mmF3.5-5.6PZと45-150mmF4-5.6が悪いわけじゃありませんが、ちょっと背伸びしてデザインのバランスの取れる M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm/F4-5.6 をまずは入手しておこうというわけです。



というわけで、まずは一枚テスト撮影。

2017_0312_1.jpg
初春の夕暮れを撮影。(JPEG撮って出し)

難しい光線状態でも影の部位が潰れずに再現されていますし、このレンズ一本で換算28mmから300mmまでカバーできるのはとても役に立ちそうです。(^.^)
スポンサーサイト

いまさらD3200インプレッション

18-55vr2_2.jpg
はい、以前に買ったと報告したニコンの新型18-55mm標準レンズとD3200。
レンズはともかく、すでに発売から5年近くもたとうかというカメラ本体。
詳しいレビューとかは専門サイトにお任せするとして。

買ってみてどうだったかと聞かれるなら、これはこれで正解だったと思います。
これはけしてD7100/7200やD500とかのAPS-Cフラッグシップ新型モデルが買えなかった自分を慰めるわけでなく、持ち歩く道具として小型軽量な道具が一番と日頃から思う自分には充分なスペックを有しているところから出した結論なのですよね。
一時はマイクロフォーサーズこそ最適!と言っていましたが、最近のEVF付きのマイクロフォーサーズ機はけして小型軽量とは言えなくなってきましたし(パナのGH3,4,5なんてえらくデカいしミドルクラスのG7,8も大きくなってしまいました、オリE-M10シリーズは小さすぎるしE-M5やE-M1は自分にはオーバースペックだしボッタクリ高価!)、・・・etc。
小型軽量なデジイチとしては他社製のKiss X7もありましたが、Kiss X7はどうもデザインが気に入らない(グリップが頼りなさすぎ!)という自分勝手な理由で却下。
D3X00シリーズはファインダー視野率が100%じゃないとか、ファインダー像が小さくてMFが難しいとか言われてますが、基本AFでしか使わない、手持ちのME-10とかいうマグニファイヤーを使えば(眼鏡君としては覗きにくいけど)なんとか使っていけそうだし、というわけです。はい。

というわけで、満足度としては90%くらいですね。
10%分のマイナスポイントですか?。そりゃ、新品でないこととか、諸々ございますが、これは仕方のないこと、色々とカメラの癖とか覚えて長く使っていきたいです。

今回は短文ですがこれまで。(生存証明(爆))

レンズ修理から返ってきた

昨年末に購入(中古)しました、D3200&レンズ一式。
正月連休にその機材からD3200ボディとAF-S NIKKOR 18-135mmf3.5-5.6 G EDという年季の入ったコンビで行ってきました。

寒波襲来前で、高山や
2017_0103_1.jpg

雪の殆どない白川郷とか、
2017_0103_2.jpg

2017_0103_3.jpg
↑は白川郷の村から見上げた山の風景。
ここまではとても順調に気持ちよく撮影していました。

初日は富山に泊まり、翌日は雪の全くない兼六園とか、
2017_0104_1.jpg

ん?AFがおかしい!?。ギギとか異音をたてるし、ピントが合わない!?。

2017_0104_2.jpg
兼六園の園内を撮影しているころからAFがおかしいのです。
日を改めて寄った東尋坊では、いよいよAFがまともに動きません。ピントも合わなくなってしまった・・・中古で外れをひいたのかしら?。

2017_0104_3.jpg
電源入れなおしたりしながら別アングル。
やっぱり駄目です。というわけで、MFに切り替えて撮影。

2017_0104_4.jpg
APS-CでもD3200などのペンタミラー採用機種はやはりファインダー像が小さいです、なんとかピント合わせできましたけどやはり一眼レフはペンタプリズムがいいのかなあ・・・?。

というわけで、旅行から帰ってすぐに修理依頼、本日修理完了との連絡があり引き取ってきました。
明細を見ると『駆動部交換』『レンズ内部分解清掃』、etc。
無事に作動するのを確認、中古品でもカメラのキタムラは保証が付くのでお代はゼロ。(ラッキー)
古いレンズなので若干の不安はありますがこれからは大事に使っていきたいです。

閑話休題~愛車の長所短所

え~、ネタが全くないので別のお話を。(爆)

私の愛車は日産ノート(E12)、スーパーチャージャーのない1.2リッターエンジンのタイプX、アラウンドモニターと自動ブレーキの付いたモデルです。
細かいスペックは省略しますが、主なところは燃費が23.4Km/リットル、全長4.1m×幅1.695m×高さ1.525mのコンパクトカーです。
私、カメラと同じでコンパクトなクルマが好きなんですよね。大きい車は扱いづらい気がして、燃費も良くないし(ハイブリッド除く)、何しろ高価だし、etc。(~_~;)

ま、色々ある中、今のノートには購入から2年経って、良いところ悪いところ色々と気づきましたので、ちょちょいと紹介します。

長所。
①外観
まずこれは人それぞれ違うと思いますが、外観デザインがカッコイイ。特に斜め前や横から見たときはVeryGoodですね。斜め後ろからの姿はずんぐりむっくり(爆)で残念、旧型のほうが好みです・・・。(^^ゞ
②ハンドリング
安定感ある落ち着いた足回りと1.2リッターエンジンと思えぬ軽快なフットワーク。スーパーチャージャーが付いていないモデルでもCVTのセッティングがいいのか、動き出しも軽く、ハンドリングもスッとノーズが向きを変えてくれる軽快な走りをしてくれます。
③燃費
カタログ値23.4Km/リットルに対し、実燃費17~18Km/リットルと結構頑張ってくれます。一時20Km/リットル超えを記録したこともありました、エコな運転技術も必要ですがこの燃費の良さがこのノートを選んだ理由のNo.1です。
④室内の広さ
特に後ろの席の前後方向の広さは半端ないです。大柄な男性が運転席のポジションを決めても真後ろの人が窮屈な思いをすることはないでしょう。

と、ここまではカタログでも紹介されていることなのでただの使いまわしかもしれませんね。
一方で2年間乗ってきて気づいた短所はというと、
①視界
運転席に座ったとき、三角窓の柱、大きなドアミラーがバラバラに点在する感じで斜め前から横に通じて死角が多く感じます。
特にドアミラーは運転席に近く位置され、右側のドアミラーには圧迫感、左側のドアミラーは首を横に向くくらいにしないと鏡面に映る景色が確認しづらいです。
②ドアミラーが小さい
これは以前に乗っていたトヨタラウム(EXZ10型)のドアミラーが大きかったせいもあるかもしれません。↑のドアミラー位置とこのミラーのサイズの小ささで、特に助手席側のミラーは確認しにくいですね。
③エコボタンなどの配置場所
これも運転席に座ったとき、目に見えない場所に配置されているということです。エコアイドルOFFボタン、シガーソケット、etc。スーパーチャージャー付きモデルのエコボタンも運転中に全く見えないところにあるのはNGでしょう。
運転中にも操作するボタンは目に見えるところに配置してほしいですよね、シフトレバー手前に付けるとか、ハンドルに付けるとか。運転手視点で設計していない証拠だと思います。
*シガーソケットは今回のマイナーチェンジでPレバー後ろからダッシュパネル下部へと移設された模様です。

私自身、体の老化を実感するようになってきました、眼も首も調子よく動かせるのはいつまでだろうかと気になります。そんな我が身にとっても、ノートが今後も進化していくことを期待する意味でも改善してもらいたいですね。

というわけで、勝手ながら写真をもとにちょちょいと加工・・・。
(↓をクリック)

続きを読む»

北条鉄道網引駅の大銀杏

兵庫県のほぼ中心の盆地を走るローカル線、北条鉄道。
その路線途中にある網引駅前にはここ最近大銀杏が有名なスポットになり10月末頃~11月中頃まで、写真を撮りに来る方が増えてきているそうです。
というわけで例にもれず私も行ってきました。

2016_1120_01.jpg
使用した35mmフィルム換算24mmからのズームレンズにも入りきらない、立派な大きさのイチョウの樹です。
奥に移っている駅舎の大きさからその大きさが分かると思います。 
地元の方も来られていたので話を聞くと、1週間前は頭上にも黄色く色づいた葉と足元も絨毯のように黄色く染まっていたとのこと、私はちょっと遅かった?。(~_~;)
その立派な樹に圧倒されながら数枚撮影、その中から一応?厳選して貼っておきます。

2016_1120_02.jpg
マッチ箱を連想する小さな1両編成ワンマンの列車です、ホームにもイチョウの色づいた葉で黄色く染まっていました。
プロフィール

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR