E-410再び

オリンパスのフォーサーズ一眼レフカメラで最も容積の小さいカメラ。と言えば、もうそれ以上言うこと無くなっちゃいそうですが。(~_~;)

e410_1442.jpg

他にマイナーチェンジのE-420とか、兄弟機種E-510(520)やE-620とございますがやはりフォーサーズ第二章として発表された原点のモデル・E-410はカメラのデザインが一番いいです。E-420はグリップの改善のためにデザインが犠牲にされた感じ?。
スペックは確実にいいのにデザインが酷いのはE-510/520ですね。せっかくの美しいラインがグリップの大きさのためにダメダメになってるです。右肩のライン構成はまだE-M1のほうが設計が新しいだけに上手につくってあると思います(自分的に)。

思い起こせば約2年前まではこいつを相棒に色々と撮っていたのですよね・・・。こいつに教えられたこと、いっぱいあります。ISOをあげればざらつくのは当たり前、いかにバランスを取るかは自分の努力次第、しっかりと安定した構えを確保して撮るべしこと、etc。
一時期Canon製の一回り大きく存在感あるAPS-C一眼レフを持つ会社同僚の影響を受けて(自分のポリシーなし)負けじとE-520に手を出してしまった事がこの約2年間のドタバタ劇のきっかけだったかもしれません。
小型軽量でどこにでも連れて行ける、抜群の機動性を持ったデジタル一眼レフは、やはりコイツなんです。E-510/520はもちろん,E-620なんて足元に及びません。(大袈裟)

・・・

美しいものは時代を超えて愛されますよね、本日某所でいすずの117クーペを見ました。

msh_004_001.jpg
(写真は某所より拝借)

ジウジアーロ氏がデザインした、美しい流線型の乗用車。はっきり言って40年くらい前の車で、当然あちこち痛んでるだろうしクルマの性能も安全性も今のほうが素晴らしいのは当たり前です。でも、今の時代でも愛してくれるオーナーはいらっしゃる、素敵な車です。
ジウジアーロ氏はNikonのF3なんかもデザインされていましたが、今でもカッコいいと思うし 以下略。(笑)

オリンパスがフォーサーズマウントをベースに、そのままEVF化したミラーレスEVF一眼を出してくれることを切に願いながら、E-410を愛してやろうと思います。m(u_u)m
スポンサーサイト

旧九鬼家住宅資料館

今日は身近すぎて意外に行くことの無い地元の歴史文化に触れあってきました。

2014_0427_1.jpg

2014_0427_2.jpg

昔の日本の建築・生活の様子がよく伝わってきます。落ち着いた空間がとても気持ちよく感じられました。
こういう世界を撮影するときはマイクロフォーサーズがとてもお似合いですね。

私って、変!?

ところで。

オリンパス・イメージングがフォーサーズの開発凍結(マイクロフォーサーズへ統合)を発表してから、私は脱オリンパスを宣言し、実行してきました。機材を順次入れ替えて自身に必要なレンズラインナップを揃えなおしてきました。
カメラ本体はPENTAX K-50になり、使用レンズはキットレンズの18-55mmと便利ズームのTamron 18-200mm。これで殆どの撮影ができることでしょう。

・・・

一方で、こうして脱オリンパス計画がほぼ終了するとともに、自分の心の中になにやら虚しい感じが起きております。
確かに、PENTAX K-50はいいカメラです。APS-Cセンサーはとても素晴らしい映像を見せてくれます。充分に期待に応えてくれるカメラです。
しかし何か物足りないのです。何が物足りないのか?。
それは機材から感じる、楽しさというものだ、と。スペックだけでは言い表せない、カメラ設計者の思いというかはっきりこれだというのは私にもよく判らないんですが。PENTAXにそれがないわけではないのですが、オリンパスのカメラにはそれがあったなあ・・・なんて回想してしまったりしています。
そう、E-410を初めて手にした時に感じた、とにかくワクワクする感情。手ブレ機能内蔵の私の腕で手ブレ写真連発しても楽しかった、不思議と高揚した感情。手ブレも見られない写真が撮れた時の何にも変えられない最高の気分。

結局オリンパスは私にとってやはり一番のカメラメーカーなのだ、と今頃になって気づくのでした。

E-620とレンズ一式すべて処分するという、私のオリンパスへの愛の鞭タイムも終わりました。(爆)
一番長く使っていたE-410が懐かしいこの頃。(更爆)
e410_00.jpg
ただ単に軽量コンパクトなだけでなく、デザインのバランスがとても良く(後継機E-420よりもデザインはいいと思います)、デジタル専用設計の一眼レフで写りの良さは折り紙付き、当時としてはとても完成度が高いカメラだったと思います。
後継機E-420はさらにコントラストAFが搭載されましたが、今からすると発展途上の作品、もし買いなおすならコントラストAFのないE-410かな・・・などとまたアホなことを考えております。

Tamron A14 18-200/F3.5-6.3 XR Di Ⅱ

はい。
玄人の皆様には評価の低いレンズですが、まもなく我が家にやってまいります。(ランクAの中古品、新品同様)
予定としてはキットとして購入したレンズのひとつのDA 50-200/F4-5.6、一時入手したFA 28-105/F4-5.6 IFが処分の予定。DA 18-55/F3.5-5.6 WRは軽快散歩セット用に置いておきます。

・・・

確かに評価の低いレンズですが、私のようにビンボー無精者カメラマンにとって、安価で高倍率ズームであることはとても大事なこと。必要にして十分な画質が得られれば欲しい画角のものがあることが大事だったりするんですよね。
レンズ交換の間にチャンスを逃すこと大だし、
2本分のレンズが1本になるということは荷物も小型軽量化となるし、その分フットワークも伸ばせるし、それはシャッターチャンスが増えるということだし、
価格コムの皆さんのレビューを見ても、そんなに悪いレンズじゃないというコメントが割と多い感じです、少々の画質は犠牲にしても得られるものは大ということですね。

このあとレンズ引取り後プチテスト撮影してきます。(^^)

続きを読む»

造幣局へ

行ってきたのでとりあえず報告。(^^;;

2014_0413_1.jpg

2014_0413_2.jpg

2014_0413_3.jpg

2014_0413_4.jpg

とにかく満開。いっぱい咲いていました、ソメイヨシノが有名ですが八重桜にもこんなにも種類があるなんて初めて知りました。(^^ゞ

現地ではさすがの人ごみ、とてもK-50を持っていく気にはなれず、DMC-GF2がホント最適です。

つい

あれほど皆さんのアドバイスなども頂きながら、とうとうネット中古で見つけたタムロン便利ズームをポチってしまった・・・。
tamron18-200.jpg
なんたって新品ですら17,***円で買えるコスパの良いレンズがもっと安く買えるのですから。

まあK-50のAPS-CセンサーだからこのレンズもOKなんでしょうが、K-3あたりを使われる方には役不足なのかもしれません。

いずれK-50購入時にキットで手に入れた18-55や50-200は処分するやもしれません。

・・・

ま、ポチっただけでまだ購入したわけではないのですが、とりあえず報告まで。(^^;;

春の花々

というわけで、桜満開です。
花冷えのする三田ですが、おかげで満開の状態がしばらく続くかも。

2014_0405_1.jpg
意図的にバックをぼかして。JR車両のライトが綺麗な丸ボケに。(^^;;
以前は立派な枝がもう少し線路の方に伸びて写真を撮るのにとてもいい感じだったのに、切られていた・・・。危ないから切ったのでしょうけど、なんだかとても残念。↑が精一杯でした。

2014_0405_2.jpg
タイトルをつけるなら、『夢見る桜』ってところでしょうか。
しかし、日本人って本当に桜が好きですよね~。河川敷でバーベキューしながら花見をするグループとか、桜並木を見て歩く人たちとか。四季折々色々な花が咲きますが、こういったことをするのは桜の時だけですもん。

2014_0405_3.jpg
レンギョウ↑とかユキヤナギ↑↓とか沈丁花↓とかは我が家の庭にて満開。
2014_0405_4.jpg

今日は全てK-50とFA 28-105mm/F4-5.6IFの組み合わせで撮影しました。最近マイクロフォーサーズばかりに行ってる(逝ってる?)のでK-50が拗ねてるかな、なんて。やっぱりちゃんと撮影しようと思うと光学ファインダーの、APS-Cの一眼レフですね。

ところで最近知ったのですが、PENTAX FA 24-90mm/F3.5-4.5なんてレンズがラインナップにあったのですね。こっちを買ったほうがよかったのかな・・・なんて。でも、TELE側が不足に思うのでやはり28-105で正解なんでしょう。
Pentax_FA_24-90_36-45.jpg
(写真は某所より拝借。)

続きを読む»

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR