スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いったい・・・

つい先日、PENTAXから二つの新型カメラQ-S1 & K-S1が発表されました。
OLYMPUSからもPENシリーズ最新モデルE-PL7が発表されました。
それぞれの特徴はそれぞれのホームページを見ていただくとして・・・

・・・

モデルサイクルの短さにも驚きますけど、なんですかね・・・全然興味が湧きません。ワクワクするものがないのです。手に取ってみたい、使ってみたいと思わないのです。昨年必要に迫られてPENTAX K-50を買いましたが、これが精一杯。

この約4~5年のうちにカメラはあるべき姿を失っているように感じます。
私、本来カメラは目の前の風景や雰囲気をいかにそのまま記録するか、の道具だと思ています。そのための機能性能の向上ならともかく、とにかくスペック第一に突っ走って数字をいっぱい羅列すればいいみたいになり、更にピクチャーエフェクトやアートフィルター、Wi-Fiだとか、目先を奪うだけの化粧的カラーラインナップだとか(コンデジならともかく)、意味のない装飾なんて要らない。「それがなきゃ困る」と言われる方もいらっしゃるでしょうけど、・・・。

約5年前のカメラはまだ、スペックだけじゃない、数字に表わすことのできないワクワクするものがあったはずなのに、今のカメラは一眼もコンデジもそういうのがありません。デザインや材質が安っぽくなってメーカーが開発に金かけてませんって姿勢が丸見えです。
コンデジが売れなくなっている、スマホに喰われているといわれてますが、持っているだけで喜びを感じられるような、そんなワクワクするカメラが出てきてほしいものです。具体的には、

・アートフィルターとかピクチャーエフェクト、Wi-Fiは省略(カメラ本来の目的にありませんから)
・シンプルで飽きの来ないデザイン
・頑丈で多少荒っぽく使っても壊れない

ってところですね。とにかく少なくとも5年は売り続けるくらいでお願いしたいです。


5年ほど前のカメラ、オリンパスE-520なんて、明らかにスペック負けしてるのに使いたいと思いますから。

全然関係ないけど、愛機K-50のレンズ、キット購入時に付いてなかったフードを買いました↓。

lens_hood.jpg
フードが付くだけで貫禄がついてカッコよく見えるから不思議。(~_~;)
スポンサーサイト

琵琶湖一周 Part2

で、琵琶湖一周の旅、二日目から。

奥琵琶湖パークウェイの展望台から。
2014_0813_1.jpg
台風11号の影響でこの展望台から先が通行止め、引き返して遠回りせざるを得ず・・・。
余呉湖にも行きました。天女の衣掛柳も見てきました。
・・・
続けて、伊吹山へ。
山頂の駐車場から1377mの頂までの高山植物の咲く斜面を登山。
2014_0813_3.jpg

それまで曇天の天気がこのときを狙ったかのように青空復活!。
ってゆーか、暑いっ。
2014_0813_2.jpg
山頂で記念撮影のあと、お店でソフトクリームたいむ。こういう時に頂くソフトクリームって、めちゃ美味ですよね。
ま、とにかく。往復約1時間のうちに日焼けしました。(^^;;

さて、いよいよ車に戻って下山するのですが、登ってきたときにも大勢のカメラマンが途中の駐車スペースで大口径超望遠レンズを早着し三脚にセットし方々に向けているのを見て、横にならうように一旦停止、私も手持ちのK-50&18-200mmセットを使って・・・。
初めてK-50のもつHDR機能を使ってみました ↓。
2014_0813_4.jpg
HDR・OFF状態だと明るさの大きく違う空と山の斜面両方ともディテールがつぶれてしまっていたのがどちらもきちんと残っています。でも、残っているが故明るさや迫力が物足りない気がしなくもない・・・でもそのバランスはとても難しくて↑が精一杯。(~_~;)

というわけでたっぷり1泊2日の琵琶湖一周の旅でした。

琵琶湖一周 Part1

しばらくネタがなくて放置に近い状態で失礼。(汗)

今回の連休、泊りがけで琵琶湖を一周してきたのでその時の写真を。
義父さんの墓参りもあってまずは比叡山の霊園へ、その後湖西地方をゆっくりドライブ。

2014_0812_1.jpg
いよいよがっかり名所の仲間入りですかね?、新あさひ風車村は閑散。

2014_0812_2.jpg
こちらは竹生島。奥琵琶湖のパワースポットとも呼ばれている宝厳寺の三重塔が港から見えました。春には桜の花が参拝の階段沿いに咲き、秋には紅葉で赤く染まり、人気の場所になるそうです。
竹生島には大津港・長浜港・今津(近江今津ですね)港と、3通りのアクセスがありますが、私は宿をとった近江今津から往復。

2014_0812_3.jpg
竹生島ではフェリーの発着の度に鳶が無料送迎!?。おそらくフェリーが通った後に魚が湖面に上がってくるのを狙ってるのかもしれません。
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。