LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6

知っている方は知っている、パナソニックのマイクロフォーサーズレンズ、45-150mmです。
今DMC-GF5の交換レンズとして、14-42mmPZとこの45-150mmを持っています。もともと以前使っていたカメラDMC-G2の交換レンズとして入手したものです。

このレンズの性能確認として、これまでの記録・初夏に鳳凰堂を見学したときの写真を見返すとともに紹介したいと思います。(すみません、クリックしたら大きくする・・・って技が分からない・・・拡大写真はクリック後の画像を右クリックし、画像を保存してご覧ください。)

lumix-45.jpg
こちらは広角側の45mm、F6.7だったかで撮影。
ピントの合っている松の葉は隅々まで解像されています。絞り開放ではないとはいえ、それに近い条件です。
ピントの合っていない奥の小石の造形もつぶれることなく、自然なボケになっているのもこのレンズの優秀さを感じます。( ̄ー ̄)ニヤリっ

lumix-150.jpg
こちらは望遠側150mm。絞り開放(F5.6)です。
屋根瓦の解像感がすごいです。左端下を見ても滲みなどが感じられません。ビックリするくらいです。
左下隅部をから原寸から切り取ったのが↓です、参考まで。
lumix-150-2.jpg
家族といった為絞りを変えて撮影する余裕がなくて。(^^;;
瓦の隙間に何かが引っかかっているのがはっきりと写ってます。

このレンズがとてもリーズナブルで、しかもとても軽量コンパクト。マイクロフォーサーズを選ぶ一番の理由といってもいいでしょう。

lumix-14-42pz.jpg
おまけに14-42mmPZ。沈胴式のGF5常用レンズです。
広角側14mmで、絞り開放F3.5です。さすがに四隅に光量不足や滲みのようなのが見えますが、それはそれ、なんたって軽量コンパクトが売りのパワーズームレンズですから絞り開放でもこれだけ写ればお釣りがくるくらいじゃないでしょうか。
鉄柵もきちんと表現されているし。

というわけで14-42mmF3.5-5.6 PZも含めてとてもおすすめのレンズです。マイクロフォーサーズをお考えの方、いらっしゃ~い。(爆)
スポンサーサイト

閑話休題

今回は写真ネタじゃありません。写真だけのブログとして使っているけれど、たまには息抜きじゃないけれど他の話題もあったほうがいいと思いまして。(^^ゞ

実はずーっとガラケー使ってました。auのアルバーノアファーレとかいう3年くらい前の端末。最近のガラケーよりもカッコいいし、判りやすいし、スマホよりもずっとコスパがいいし、という理由です。
しかし最近は格安スマホとかも出てきたし、大手3社(ドコモ・au・ソフトバンク)に拘らなければY!mobileなんてウィルコムとイーモバイルがくっついてできたキャリアという選択肢もあるし、スマホ=高価でもなくなってきたですね。

というわけで、昨日とうとうスマホデビューしました。
2014_1122.jpg
Y!mobile の DIGNO T という端末です。
この端末、某サイトのレビューによると↑のロック画面の時に「Softbank」と繋がっているネットワークの名前を表示するという、わけわからない仕様だと言われてましたが、ご覧の通りきちんと?「Y!mobile」になってます。

まあ、ソフトバンクの子会社同然なので大々的に宣伝販売されていません。それに機能もいくつか削られている?とか・・・。
でも、私はそんなに電話かけることはないし、列車の運行状況・乗り換え案内や地図検索が出来れば十分。
これからよろしくです>DIGNO T。

定例?の有馬富士

もはや恒例になりつつある、有馬富士公園に行ってきました。晩秋の有馬富士です。

朝起きる時は結構冷え込んでましたが、昼過ぎに着いた時はとてもいい天気で、汗ばむくらいに暖かかったです。
2014_1116_1.jpg

池には既に鴨さんが20羽くらい来ていまして、ゆったりと身づくろいなどしておりました。
2014_1116_2.jpg

水中に獲物でも見つけたようで、その瞬間を。
2014_1116_3.jpg

イロハモミジがとても綺麗に色づいていて、今日のように穏やかな日はあちこち行楽客が押し寄せたことでしょう。有馬富士公園も多くの家族連れや外国人グループが楽しんでおりました。
2014_1116_4.jpg
こちらはDA 16-45mm/F4 ED ALを使用、描写がやはり違うと思うのは気のせい?。

最後にいつもの定点観測。
2014_1116_5.jpg

初めてのデジタル一眼

最近親しくさせてもらっている、型落ちハンターさんのブログに影響されて、Nikon機の思い出を。

私が初めてデジタル一眼レフカメラに手を出したのは、もう10年以上前になるかな・・・。
それまでは400万画素クラスのコンデジが懐事情としても精一杯で、フィルム式一眼レフOLYMPUS OM-4を使うしかなかった私に、Nikon D70はとてもショッキングなデジタル一眼レフカメラでした。
当時としては破格の値段だったD70は発売直後は人気絶頂でなかなか手に入らないと言われたくらい・・・。

ある休みの日、ぶらっと立ち寄った大阪梅田の某カメラ屋さんで在庫があると聞き、思わず買っちゃったわけです。私にとって、初デジイチ!。
D70.jpg
↑今のニコンのデジイチ達に比べると、エッジが効いたシャープなデザインだったんですね。たぶんこのデザインだったから当時衝動買いもしたのだと思います。もし今の変に丸っこいデザインなら買ってないかなあ・・・。
でも、背面液晶ちっちゃ!。今から考えると良く使ってたもんだと。(^^ゞ
このD70購入後、デジタルの楽しさを実感、OM-4は卒業となり、あちこちに撮影に出かけたものです。当時の撮影の記録も探し続けているのですが(押し入れなど記憶の彼方に行った模様)、まずは横浜にいる友人の所に遊びに行ったときに撮ったもので。

2014_1101_2004_1.jpg
まだ『のぞみ』として運用されていたJR西の500系に乗っていきました。この500系、車に例えるならスポーツカーで、早く走ることだけに集中して開発されたため、居住性ははっきり言ってよろしくありません。頭上空間がどんどん狭くなってますもの。

友人と約二日間過ごした横浜、最初の夜は横浜中華街へ。
2014_1101_2004_2.jpg
色々な風景を撮りましたが、改めて見直すと古いデジイチも割とよく写っているじゃないか、と。そしてなんだかんだ言いながらもニッコールレンズの鮮やかな発色に、やっぱり流石はニコンと思いますね。

↓二日目、午前中もいろいろとくっちゃべった後、お昼ご飯はラーメン博物館へ。
2014_1101_2004_3.jpg

帰りの新幹線の時間も迫ってきていたので(翌日仕事だし)、3時過ぎに再び500系のぞみに乗車して帰るのでした。
ある意味忘れられない思い出の二日間でした。
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR