スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続:DMC-GH3 と OM-D E-M5 もしくは・・・

前回からの続きです。最近、動画サイトを見たのですが・・・。
ギュイーントクガワさんという方がDMC-GH3とともにDMC-G6についてYouTUBEでガッツリ語っておられます。

https://www.youtube.com/watch?v=ESxmzWGiKcM

https://www.youtube.com/watch?v=P2tAPN7nVxk

他にもkajimackさんという方もDMC-G6について語られています。

https://www.youtube.com/watch?v=YVT_kJpk-1A

こういった、お話し上手な方がレビューされているのを見ると、とても勉強になります。
ただ、ひいき目にコメントされているんじゃないかと思われるところもありますし、個人個人、カメラとの相性もあるので、そのまま鵜のみにせず参考にさせていただきました。

・・・

続きを読む»

スポンサーサイト

DMC-GH3 と OM-D E-M5 もしくは・・・

私が今使っているカメラは、PENTAX K-50 と LUMIX DMC-GF5 です。

以前からも言ってますが、PENTAX K-50は現段階の私の本気カメラですね。APS-Cという広い面積のセンサーはやはりマイクロフォーサーズよりも違う絵を見せてくれます。これに、優れたレンズを使えば十分気合い入れた写真を撮れるというものです。

そして、DMC-GF5。ゴミ混入事件以来コンデジに対するトラウマができてしまい、たとえゴミが入っても除去しやすいレンズ交換タイプのGF5をコンデジ同等の気分で使っています。使うレンズは気楽に持ち歩くためパンケーキのようなLUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 PZ が付きっぱなしで必要に応じてデジタルズームという戦法です。(^^;;

さて、こういう戦略(一眼レフ&コンデジ)で写真撮影体制を作るのは多くの方が同じだと思います。
しかし、これだけで満足しない自分がいます。そう、K-50はレンズ機材を含めるとそれなりに大きく重くなりますから持ち出すのにそれなりに気合が必要なのです。ISO3200まで十二分に使える(個人的感覚です)のはいいのですが・・・。
かといってコンデジ代わりのGF-5はやはりコンデジの延長のカメラ、ボタンやダイヤルも少なく、デザインもシンプルで、まさにコンデジ使ってる気分ですね。

で、この間に何かがほしいのです。それが何か、それはサブシステムカメラです。気軽に持ち出せるボディサイズと本格的な撮影にも耐えうる性能・機能を持ったカメラ。
オリンパスのマイクロじゃないフォーサーズはそのポジションにちょうどあるカメラであると思っていましたが、さすがに設計が古いだけでなく、オリンパスもマイクロに注力している現状。もうフォーサーズは選択肢に入らないのですよね。
となると、APS-Cのミラーレスかマイクロフォーサーズか、となるのですが、APS-Cを自分のトップカメラに選んでいる以上、APS-Cミラーレスは選んじゃいけないなどという拘りが自分の中にあったりするんですよね・・・。
そんなわけで、気になっているのはDMC-GH3/OM-D E-M5という、一時は両メーカーのフラッグシップ扱いだった機種。今はそれぞれDMC-GH4/OM-D E-M1にその座を譲っていますが、今でも現役バリバリで行ける機種です。

先日都会方面・大阪梅田に行くことがあり、ヨドバシカメラに寄って両機種をいじくり倒してきました。
GH3もE-M5も金属ボディカメラです、手にした時に感じる手ごたえはどちらもなかなかなモノです。GH3のグリップは手にピッタリ収まるし、本格的な撮影にもこたえてくれそうな頼りがいある存在感のボディーは一眼レフ並みに安心して使えそうです。一方のE-M5、操作しやすい2ダイヤルと持ち運びに苦にならないボディサイズはサブシステムカメラにちょうどいいのかもしれません。

・・・

両機種の欠点はGH3はサイズ的にK-50とボディの大きさがそんなに変わらないことと中古でもいい値段でE-M5+12-50mmズームレンズのセットよりも高価なこと、E-M5はストロボが内蔵されていないこと・・・。
両機種の中間に存在するDMC-G6はGH3の廉価版と言われてますが、必要充分な高機能高性能を持っています。ただ見た目に目立つ欠点、プラスチックボディのチープさがどうしても許せなくて・・・。

まあ、あくまでもサブシステムカメラとして選ぶわけなので、何かは妥協しなくちゃいけないのは判ってるんですが、・・・欲張りなんですかねぇ、自分。(汗)

続々 LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 (たぶん最後)

というわけで?おそらく最後のLUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6レンズレビューです。

最初に断わっておくのは、カメラは1200万画素のDMC-GF5、またすべて手持ち撮影なので微妙に構図も違うし、AFが都度動きピントも同じ場所に行ってないのでご容赦を。

まずは広角側45mm・絞り開放。
lumix150part3-45F4.jpg
周辺の光量不足がよく判ります。(苦笑)

右下部分の等倍表示が↓です。
lumix150part3-45F4up.jpg
露出がやや空の明るさに引っ張られてシャドーが強くなりましたが、カメラのAEの癖とかもあります、また価格も安いし、こんなもんかな?ってところですね。

次にF8まで絞ったのが↓。
lumix150part3-45F8.jpg
ここまで絞れば光量不足も気にならなくなります。右下部拡大が↓です。
lumix150part3-45F8up.jpg
1200万画素の限界ですかね・・・1600万画素クラスまでいけばもっと緻密に解像するのではないでしょうか。


次に、150mm望遠側です。人知れず?朽ちゆくボロ車を撮ったモノから・・・。
絞り開放(F5.6)です、その下には右上部の等倍写真となります。
lumix150part3-150F56.jpg
lumix150part3-150F56up.jpg

同じく、F11での撮影です。
lumix150part3-150F11.jpg
lumix150part3-150F11up.jpg

最後に、F22まで絞り込んだ写真です。
lumix150part3-150F22.jpg
lumix150part3-150F22up.jpg
手前の杭にAFが引っ張られたようで、背景がピンボケっぽくなったようで失礼。
でも、絞り開放のほうが解像感がある気がするのは私だけですかね?。
ま、感じ方は人それぞれなので、皆様で参考にしていただきたいです。(手抜き)

続 LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6

探してみると他にもこんな写真も撮っていましたので、参考まで。

lumix150part2.jpg

この↑の写真の左上部を等倍表示させたのが↓です。
lumix150part2-lu.jpg

右上部分を等倍表示させたのが↓です。
lumix150part2-ru.jpg

あとは皆様の判断にお任せします。(他力本願) (。_゜)☆\バキ
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。