CP+ 雑感

先日から始まった、カメラと写真の総合展示会、CP+。
ニコンやキャノンをはじめ多数のメーカーの最新モデルがその時期に合わせて新機種発表や、開発スケジュールの発表も行われました。その中でも個人的に気になった一眼レフスタイルデジカメについてコメントしたいと思います。

e-m5_2.jpg
(写真は某所より拝借)
はい、オリンパスからはE-M5 MarkⅡです。その名の通りE-M5のバージョンアップモデルですね。
ぱっと見、E-M5に比べてあまり変わっていないように見えますが、中身はだいぶ変わっています。一番わかるのは背面ディスプレイがチルトからバリアングルになったこと。これは多くのユーザーが求めていたこと、フォーサーズのころは当たり前だっただけに元に戻っただけの気もします。
次はファインダーのEVFの大きさがE-M1同等に大きくなったこと。
・・・
でも、この2点だけに絞ればその内容はすでにDMC-G6が実現していること(細かいところを見ればさらに進化してるかもしれませんが、視覚上判らないレベルでしょう)、どうしても今頃かよ?という気になってしまいます。お値段だって、ボディだけでも10万円を超える、とても手が届かないレベル。その約1/3の価格でDMC-G6が買える現状、オリンパスは相変わらずボッタクってくれます(爆)。2年ほど経って半額くらいになったころが狙いかな?。(^^;;
唯一いいなあ、と思ったのはさらに進化した5軸の手ブレ補正。そしてさらに尖ってよりカッコよくなった外観、↑の写真のようにチタンカラーを身に纏って名機OM-3Tiと並ぶとどっちがどっちだか目を疑いかけないくらいのリバイバル感に襲われます。この凝縮感がたまらないんですよね・・・この凝縮感だけで買う人もいらっしゃることでしょうね。

さらに気になったのはPENTAX。
PENTAXはK-S2なるカメラを早めに発表されました。昨年にリリースしていたK-S1に続くモデルです。
えっと。
いきなりK-S1のインターフェースをダメ出しするようなK-S2、こんなことしたらK-S1ユーザーが怒りますよ。モードダイヤルの位置が背面から軍艦部右側に戻すなんて。K-S2じゃなくK-70で発表ならだれも文句言わないと思うんですけどね。
ま、スペックとしては何の文句もないんで、それだけっす。(爆)

つづいてモックとしてCP+に出展された、PENTAXの135サイズ(俗にいうフルサイズ)デジタル一眼レフです。
pentax_full.jpg
(こちらも写真は某所より拝借)
PENTAXファン待望の135サイズ。このままのデザインで出てくるかどうかは不明ですが、レンズもまたセンサーサイズに合わせて作る必要があるため(同じKマウントでもAPS-Cサイズ用のDAシリーズは使えません)、このカメラが欲しい人はレンズも揃えなおす必要があります。
・・・
ま、APS-Cやマイクロフォーサーズをメインとする私には135サイズデジタル一眼は大きくて重くてただの足かせになってしまうのが目に見えます。プロカメラマンかよほどの物好き(失礼)の方が使うカメラですね、はい。


というわけで、今回のCP+がらみで発表された機種すべて、私はスルーさせていただきます。
スポンサーサイト

庭に咲く水仙たち

最近なかなか土日に時間がとれず、撮影に出かける機会がありません。
そんな時はブログでひとりごとを綴ることもあるのですが、さすがにネタもなくなってきてまして、夜中に機材をいじってストレス発散したりしてます。(爆)

そんな今日ですが、本日義母さんのお家に野暮用で夫婦で行ってきました。そのときにGF-5で撮影。

2015_0208_1.jpg

2015_0208_2.jpg

庭の一角には家庭菜園のスペースも作ってあって、手入れはマメにされているのでしょう、元気に咲く水仙たちです。
夕方から風がどんどん強く吹きましたが、水仙たちはそんな風にも強くそんなに大きく揺れないので比較的撮りやすい花ですね。
今頃淡路島の灘水仙郷は見ごろなんでしょうね・・・。
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR