スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 ZUIKO DIGITAL ED 70-300mmf4.0-5.6

前回に引き続き、今回は描写チェックです。
できるだけ公平に見る為、絞り値は5.6に固定、露出も+0.5EV補正で固定して撮影しました。
また、JPEG撮って出しの写真です、RAWはあまり使い慣れていません・・・。(処理ソフトの使い方覚えろという声があるとかないとか。 (~_~;) 
描写において細かいところの何をどう感じるかは好みもあって人それぞれですので、判断はご覧の皆様に一任したいと思います。(← 他力本願) (爆)

まずは広角側70mm(換算140mm)。
70-300_1.jpg

次に約100mm(換算200mm)。
70-300_2.jpg

次は約150mm(換算300mm)。
70-300_3.jpg

で、約200mm(換算400mm)。
70-300_4.jpg

更に約250mm(換算500mm)。
70-300_5.jpg
ここまで見事な描写を見せています。
画面隅のほうも大きくバランス崩すことなく再現されている、と思います。
ところでこのレンズ、噂ではTELE端では描写が甘くなると言われてますが・・・。

最後に300mm(換算600mm)。
70-300_6.jpg
自宅に帰って画像をPCで見るとやはりピントが背景にいってしまった模様ですが、描写チェックにはちょうどいいかも。(^^;;
で、その描写ですがそんなに描写が甘くなっているようにも感じないですね。製造ロットによっても違うのかなあ・・・。
よくわかりませんが、TELE端でも充分使っていけそうです。
また、これだけのズームレンズでありながら手持ち撮影可能な大きさであること、これこそがフォーサーズの実力なんだ、とひしひしと実感しました。

というわけで、閑話休題。

以下の写真はZUIKO DIGITAL 14-54mmf2.8-3.5 Ⅱで撮影しました。
2016_0430_1.jpg

2016_0430_2.jpg

近所の公園ではツツジの花が今を盛り、と咲いています。
スポンサーサイト

ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm/f4-5.6

というわけで、今更ながら中古で入手したZUIKO DIGITAL ED 70-300mm/f4-5.6を紹介したいと思います。
言わずと知れた、化石扱いのフォーサーズのレンズです。

70300_01.jpg
程度ABで、レンズ内に『小クモリ』とありましたが、らしきものは私の目では見つからず、外観もとても綺麗です。
レンズフードも付いて、\17,980だったかな?、とてもいい買い物をしたと自画自賛?。(^^;;

300mm(換算600mm)までズームすると↓のようにグーンと伸びます。
70300_02.jpg

カメラ(E-30)に装着した状態↓。(手ぶれ写真でご容赦)
70300_03.jpg

フードを付けての300mm(換算600mm)状態↓。
70300_04.jpg
フードを付けたり外したりするときに前玉が一緒に回っちゃうのは有名な話。
スピーディーに付け外ししたいときにはかなり面倒です、これを承知で使っていくしかないですね。
また、カメラ(E-30) に装着するとさすがに大きくて重さも実感します。とても気軽に振り回すようには使えないですが、じっくり腰を据えてしっかり取ろうという意識が働きます。これはブレをできるだけ抑えた写真を撮ろうという意識にもつながると思いますし、これこそが一眼レフカメラを使う際の基本だし  以下略。(爆)

で、撮影例は以前アップした作品をもう一度アップしますので参考にしていただければ・・・。

2016_0410_1.jpg
特急列車のライトが丸形処理された9枚絞り羽根で、綺麗に丸くなっているように映っています。


2016_0410_2.jpg
二枚の写真に共通するのは、ボケの美しさです。わざとそうなるように撮ってみたともいいますが。(^^;;
さすがキットレンズの45-150mmとはボケのレベルが全然違います。

2016_0410_3.jpg
ファンタジックフォーカスを使ってソフトに仕上げてみました。柔らかい表現の中にも狙ったポイントにきちんとピントが合って、カチッとした描写を見せてくれています。

このレンズの最短撮影距離は1.2m(MF時は0.96m)。300mm(換算600mm)でここまで寄れるというレンズはそんなに存在しないんじゃないでしょうか。
ハイグレードレンズとなる50-200mmSWDが1.2mですが焦点距離が違うし、マイクロ・・・の75-300(換算150-600)mmは1.5mが精いっぱいだし、とてもスタンダードレンズのスペックとは思えない立派な望遠マクロの世界を味わえるレンズです。
決して早くないAFですが、じっくりピントを合わせて撮るというスタイルにはそんなに苦にならないスピードです、まあこんなもん?って感じですね。

というわけで、フォーサーズ、まだまだ現役まっしぐらです。

今年の桜

ようやく取れたフリーな一日はうす曇りの天気。
自転車に乗って近所での桜撮影です。
自分の中でここというポイントがあったのに、一昨年にいい感じの枝があったのにその枝が伐採されてしまって、今年はどうなったかなあ・・・と行ってみました。

2016_0410_1.jpg
『桜と特急こうのとり』
こういうショットが取れる場所ってあるようでなかなかないですよね。

2016_0410_2.jpg

2016_0410_3.jpg
アートフィルターのファンタジックフォーカスを使ってみました。

オリンパスE-30はまだまだ現役で行けます。(^^)

これまでの桜

一昨日くらいから咲き出した桜が7~8部咲きとなりました。
で、今後の天気があまりよろしくないという話。一方で今日明日は用事で日中カメラ片手にお出かけの時間なんて取れません。(悲)
今年の桜とはタイミングが合わないんです・・・。

というわけで、桜は本日移動手段の車から見るくらいしかできない、というわけでカメラは持参しませんでした。

とりあえずはこのサイトを始める前などに撮りためた桜の写真集を。(^^ゞ
ちなみにフォーサーズ以外の一眼レフカメラで撮った写真も含まれています。
2012_0415_1.jpg

2013_0414_2.jpg

2014_0405_1.jpg

2012_0415_2.jpg
↑確かこれがNikon D3100で撮ったかな・・・一時血迷って使ったNikonです、はい。ちょっと癖のある発色が不自然ですよね・・・。

2010_0402_2.jpg

2010_0402_1.jpg
↑2010年にE-410で撮影したこの写真がなんだかんだで、自己最高に気に入ってる桜写真です。
ん!?もしかして写真技術落ちてる? (汗)

p.s.
今日夕方の帰りに立派な桜が植樹されている高速道路サービスエリアに寄ったっけ・・・やっぱりカメラは持参してナンボです。
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。