Panasonic LUMIX DMC-G5 から DMC-G6 へ

これまではDMC-G6よりもDMC-G5だ、とG5を購入して色々と長く使ってきました。OLYMPUS E-30と使い分けながら・・・。
一台のデジタルスチルカメラとしての完成度の高さはDMC-G5のほうが確かに上だったと思います。G6よりも小さい印象、そのボディ重量だって小さく見えるG5のほうが重たくて(たった6gですが)、手にした時の印象がG5のほうが良い、という理由からです。

しかし、1年以上長く使っていくうちに、『MF時のピーキング機能が欲しい』と思うようになりました。

ピーキング機能を持っているカメラというと、PanasonicのDMC-G6もしくはG7、GX7mkⅡ、GX8、GH4、またOLYMPUSからはE-M10mkⅡ以上の機種に採用されています。この中から自分の手に合う機種となると、どうしてもPanasonic機になります。
その中で更に消去法で選ぶと、DMC-G6になっちゃうわけです。
G7はさらに発展した、ソフトウェアとしては完成度の高いモデルなんでしょうけどそのハードウェアの材質やあまりのガッコンバッコン的なデザインが許せなくて・・・(笑)。

また、愛用するスマホを使って離れたところからフレーミング確認・ズーム(パワーズームレンズのみ)、更にリモート撮影ができるとか。スマホにアプリ『Panasonic Image App』をインストールして連携させれば離れたところから遠隔操作して、セルフタイマー使って撮影の瞬間はスマホをポケットに放り込めば全員集合の記念撮影だって簡単。
また、撮った写真をすぐにスマホに転送してSNSにアップすることもできます。スマホのカメラよりもずっときれいな画像を手軽に簡単に扱えるのは旅先では確かに便利です。
というように、DMC-G5よりも便利で優れたところが当たり前ですがいっぱいあります。

そう、初めてDMC-G6を入手した時、これだけの優れた機能に気づかなかったのです(阿保です)。また、間違ってシルバー色を選んでしまったのです。シルバーでも塗装の質が良ければいいのですが、塗装までコストダウンの対象になっている感じで、精密機械を持っている感じが全然しないんですよね。少々高かろうがブラックを選んでいればまだ良かったのかもしれません。

dmc-g6_n.jpg

とりあえず?シルバー色(グレーメタリックと言える色)よりも若干ながら高級感のある、艶消しのブラックです。手にした時にその軽さには今でも拍子抜けすることもありますが、やっぱりカメラは基本この色ですね。
ファインダーの見え方がG5に比べると隅の方が変に見えますが、それも理解して使っていくつもりです。
スポンサーサイト
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR