スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZUIKO DIGITAL 12-60mmf2.8-3.5 SWD 購入&テスト

というわけで、とうとう買いました、今更買いました、12-60mmSWD。
早速E-30に付けて使ってみた感想は当然ながらめちゃ早いAFです。これまでの14-54mmが『ジー、ピッ』だっだのに対して『シュピッ』ですよ。感動もんです。
ま、今の最新デジタル一眼なら当然のスピードかもしれませんが、8年前のデジイチにこの瞬速AFは感動もんです。
また、広角側が12mmスタートで望遠側は60mmという5倍ズームでありながら開放値がF2.8スタートという明るさが何とも言えません。
確かにカメラ全体としては理想より大きくなって、他社APS-C一眼レフで同等のボディ・レンズを揃えた場合とくらべても大きさ重さとも変わらなくなって、フォーサーズは他社よりも小さい(同じ換算焦点距離)とは言えなくなってしまいました。
でも、以下の写真を見ていただければわかると思いますが、そのレンズ描写性能は半端なくデジタル一眼レフ最高クラスです。

TELE側絞り解放(F3.5)
2016_0911_35.jpg
ま、当然ですが周辺光量不足が見られます。

F5.6
2016_0911_56.jpg
F5.6に絞ると光量不足の傾向も殆どわからなくなります。
以下、F8.0~22.0まで作例を貼り付けておきます、シロートな私に違いが説明できないので皆様に判断はお任せしたいと思います。(手抜き)

F8.0
2016_0911_80.jpg

F11.0
2016_0911_110.jpg

F16.0
2016_0911_160.jpg

F22.0
2016_0911_220.jpg

おまけ
2016_0911_01.jpg
今日はとてもいい天気でした。このレンズが見せる鮮やかな色合いとか、ハマってしまいそうです。(^^)
スポンサーサイト

次のレンズは

長い間放置プレイしてしまいました。(汗)
カメラとか写真に対して興味が薄れてしまっただけでなく、仕事に追われる毎日が続いてブログ更新にも気が行かなかったというのが現実・・・。

というわけで、休眠中のカメラ機材を久し振りに触ってみようかと考えられるようになったのがつい先日。ついでに放置していたこのブログも更新しなきゃ、と。(~_~;)

ところで私が持っているDSLR(デジタル一眼レフカメラ)、E-30に14-54mmF2.8-3.5Ⅱと70-300mmF4-5.6を持っているのですが、54~70mmと、ちょっと間が空いているのが気にはなっていたのです。
それを埋めるには何がいいだろうか。
ただ単に間を埋めるなら中望遠レンズの40-150mmF4.0-5.6とかになるんですが、今更梅レンズ(スタンダードクラス)もないよなあ・・・と思うのですよね。
と考えると自然に浮かんでくるのは12-60mmF2.8-4.0 SWDという竹レンズ(ハイグレードレンズ)。こいつはSWDゆえの高速オートフォーカスもあるし、オリンパスの標準ズーム最高傑作と言われる画質、更に12mm(換算24mm)という広角をカバーするワイドズームは今持っている14-54mmよりもきっと役に立つことでしょう。
ミラーレスでもDMC-G6にオリ12-50mmが付きっぱなしだし、12-60mmはそれよりも望遠に強いのできっと大きく活躍することでしょう。

あとは、お値段という高いハードルがありましたが、先日いつもの?キタムラネット中古を見ると、程度ABが30K円強にまで下がっているではないですか!。
これはもう、買うしかない!?。(^^;;
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。