形から入るという美学?

zuiko14150.jpg

はい、皆様お久しぶりです&長らくお待たせしました。
当分カメラネタはないなぁ、と思いつつ手に入れてしまったレンズ。オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 14-150mm/F4-5.6です。

防塵防滴の新型モデルのほうがいいのは分かっていますが、私が使っているマイクロフォーサーズ機はすでに4周りくらい古いDMC-GF5ですから、古い14-150mmのほうがお似合いなんですよね。
それに、ずっと前から10倍便利ズームを手に入れたいという気持ちがあったのも事実です。パナの14-140mmのほうが手ぶれ補正が付いているのになぜ手ぶれ補正の付いていない組み合わせになるのにオリ14-150を選んだのかと問われると思います。
その答えは、軽量コンパクトで組み合わせたときにカッコイイからです。

そう、カッコよさはとても大事です。
マイクロフォーサーズのサイトにカメラボディとレンズの組み合わせのシミュレーションができるページがあります。
(参考:http://www.four-thirds.org/jp/special/matching.html)
GF5のボディにLUMIX G VARIO HD 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.を試すと似合わないにもほどがある、てくらいになっちゃうんですよね。初代モデルよりもコンパクトになったはずなのに、DMC-GF5にはまだまだ大きく重たいのは事実、私の美学に反します。(爆)

また、使っているGF5もそう遠くないうちにGX7(MarkⅡ含めて)あたりにスイッチすることを考えております。
GX7ならボディ内手ぶれ補正を搭載されてます、オリンパスの5軸手ぶれ補正に比べると大幅に弱いでしょうが、精神安定剤みたいなもの(苦笑)、無いよりはいいですからね。
そのGX7の相棒に4-42mmF3.5-5.6PZと45-150mmF4-5.6が悪いわけじゃありませんが、ちょっと背伸びしてデザインのバランスの取れる M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm/F4-5.6 をまずは入手しておこうというわけです。



というわけで、まずは一枚テスト撮影。

2017_0312_1.jpg
初春の夕暮れを撮影。(JPEG撮って出し)

難しい光線状態でも影の部位が潰れずに再現されていますし、このレンズ一本で換算28mmから300mmまでカバーできるのはとても役に立ちそうです。(^.^)
スポンサーサイト
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR