閑話休題?(生存証明)

皆さま、長いこと放置しております。
最近すっかりカメラネタに気が向かなくなっております。
その理由は、新しいカメラに面白さが無くなっているから。どのメーカーもスマホとの連携とか、コストダウンに伴う金属→樹脂ボディ化とか、等々。
フラッグシップモデルですらその傾向が見られるのは今の時代仕方がないのかもしれませんが、エントリーモデルはすっかりその中。ビンボーサラリーマンでもある私にとって手が出せる金額帯にあるのはプラボディなカメラばかりとなりました。
ま、唯一オリンパスのOM-D E-M10MarkⅢだけが金属ボディで頑張ってくれているようですが。(他にもあればご教授ください)

そのE-M10MarkⅢ、先日家電店で見て触ってきましたが、見た目はグリップのふくらみがないのにとても握りやすいのです。親指側のデザインがグリップ感を上げているのだとわかるのですが、その良さは隣に並んでいたE-M5MarkⅡをはるかに凌ぎますね。
画像処理エンジンの新しさもあるし、今オリンパスを買うならE-M10MarkⅢがお勧めです。新品高いけど。(爆)

とか言いながら私はどうなんだと。
欲しかった機材は全て取り揃えております。Nikon D3200, Panasonic DMC-GX7 & DMC-GF5。そしてそれぞれ換算28mm~300mm相当のレンズ。超広角が残っていますが、大抵の撮影はこれで可能になりました。
これで安心してしまったということとなかなか暇が取れないという現状のため、撮影に出かけるとかカメラ(デジイチ)に触る機会すら減ってしまっています。

そんな状態でも発売当時はフラッグシップだったデジイチが気になったりもするのですが、・・・パナのGH3とか、E-M1(MarkⅡじゃないほう)とか、etc。特にパナのデジイチは値落ちが大きく、古いモデルだとたたき売りみたいな価格に落ち込んじゃったりするんですよね。それをどうとるかは人それぞれ、私みたいなビンボーサラリーマンにはとても有難いことです、発売当時その握り心地に感涙したGH3が手に届く価格になっているわけですから。
GH3なら防塵防滴の金属(マグネシウム)ボディだし、手持ちのマイクロフォーサーズレンズが使えるし、最近動画に凝りだした私にはGH3の動画性能はあまりあるほど十分なスペックを持っています。もっと発展したGH4とか最新のGH5が有りますがここまでの能力は猫に小判、豚に真珠、ってやつです。
GH3はファインダーが欠点と言われておりますが、ファインダーを覗きながらMFでピント合わせなんてしないし、自分にはこれで充分。

というわけでどうするアイフル?(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR