スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に合うカメラ

先日から書いているネタ、一部校正・追記しました。



↑動物カメラマンの岩合さんがカメラ選びのポイントについて言われてますが、
手にした時、持った瞬間に感じるこれだ、と感じるインスピレーションはまず間違いがない
のだそうです。

私がこれまでにそう感じたカメラって、やはり オリンパス E-4XX なんですよね。後にも先にもE-4XXなんです。っていうか、正確にいうと、私の場合発表された時のネット上の画像を見た瞬間でしたが。手ブレ補正のあるE-5XXやE-620もいいのですが、E-4xxは特別。だから長く使ったのだと思います。
既に6年以上経っていて、確かにスペックを見るとどうしても見劣りしますが、持っていて気分がいいんですよね。ワクワクするというか、自然に写真を撮りたくなるカメラ。
e410_1442.jpg
もしこれに手ブレ補正が付いていたら、ISO特性が悪かろうが再入手後も手放すことはなかったと思います。手ブレ補正がどうしても欲しくてE-520にしましたが、↑は一眼レフとしてはとても小型軽量で気軽に持ち出せる大きさでした。また、単に小さくすると使い難くなったりしますがそんなことはなく、逆に指が届く範囲にボタン・ダイヤルが上手に配置され、使いやすかったですね。OM-Dは更に小さくなっていますがこれは小さくし過ぎた気がします。え?私の手が大きい?。(~_~;;)

・・・

今ペンタックスK-50をメイン機種として使っていますが、ライブビューボタンと再生ボタンとか再生時の画像削除ボタンをしょっちゅう間違えます。なんでライブビューボタンが左肩にあるのか、理解に苦しみます。(それがPENTAXデザインと言われればそれまでですが)。おかげで未だに手になじまず悪戦苦闘しております。せっかく優秀なハードウエア(簡易防水とか視野率100%ファインダーとか)を持っているのに、インターフェースで損しているんじゃないかと。このインターフェースの酷さにたまに処分したろうかい!?なんて・・・。(~_~;
撮影に使うボタン・ダイヤルは右側に、再生用は左側に揃えてほしいですね(オリンパスやニコン・キャノンは揃えているようです)。

こんなことをぐだぐだ書くのは今お店に売っている売っている現行機種にこれだ、といえる機種がないから・・・?。
というわけで?またフォーサーズにうつつを抜かしているのごろ。(爆)


マイクロフォーサーズのレンズ総合カタログからマイクロじゃないフォーサーズがいまだに姿を消さずに掲載されているのはどういうわけですかね?。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。