あははは・・・

もうね、阿呆じゃないかと、自分。ほんまにもうお金ないっちゅーねん。(爆)
でも、決めたら突っ走っちゃうところがあって、もう止まらない状態。欲しいときが買い時、ともいいますし。(言い訳)

そんなわけで5月連休も直前に迫った本日、思い切って入手しました↓。今回もカメラのキタムラにお世話になりました。

e-m10_package.jpg

パッケージ、黒い~っ。カッコイー~!!!。(爆)
シンプルなデザインのパッケージを見るだけでもうたまりません。(廃)&(更爆)
っていうか、ごちゃごちゃと装飾したパッケージって、いろいろな言葉を安売りしてる気がしませんか?。あれって、どうなんでしょう?。シンプルイズベスト、これでしょ?。(~_~;)

で、開封してストラップ取り付け。

e-m10_body.jpg

オリンパスOM-D E-M10シルバー ボディのみ。

やっぱりいいですね~、見てるだけで酒が飲めそう。(爆)
私にとってオリンパスのカメラって、カメラとしての機能・性能が優れているのはもちろん、エントリークラスと呼ばれるこのE-M10であっても手を抜かず、道具として外観から中身までしっかりと緻密に作りこまれている感があって、所有している喜びはほかのメーカーのカメラでは得られないものが 以下略。

実際に購入したお店から帰るときに、Panasonic LUMIX G X VARIO 14-42mmF3.5-5.6 PZ を付けてぶらりと散歩しましたが、それはもうとても気分よく、高校生の頃に初めてカメラ(OLYMPUS OM-10)を買ったとき、またOLYMPUS E-410を買ったときに感じた感覚に酷似。

まあ、前回『オリンパスに帰る』宣言をして、OM-DのE-M5(旧モデル)か、E-M10か、と絞っていましたが、決め手はストロボ内蔵か否かというわけでして。
だって、ちょっと薄暗いところに行って、どうしてもストロボが、と思うときに内蔵されていたらとても有難いじゃないですか。ストロボ撮影のために普段から同梱とはいえストロボを別に持ち歩かなきゃいけないって、荷物になるし、面倒くさがりの私には、ねぇ・・・。(~_~;)
それに、別売のグリップが控えめでスッキリしているのもE-M10を選んだ理由の一つ。E-M5のだと、独立したシャッターボタンがあったり、更に取り外しもできる縦向き用のユニット(増設用バッテリーも積み込む)もついてくるという、重量級でとても気軽に持ち出せるカメラではなくなってしまうんですよね・・・。
そりゃあ、E-M5ならキットレンズ(12-50mmの防塵防滴という素敵なレンズ)付きが中古で手が届かなくもないところにあったんですけど、今回はレンズも納得のいくものだけで揃えるつもりなので。

というわけで、E-M10購入報告まで。

( ̄▽ ̄)V
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

むむっ、E-M10ですか! これは意外な展開に・・(笑)

結局、行き着くところへ行くんですよね。
寄り道せずに初めから買っとけば・・(以下略

これで間違いなくK-5の出番はなくなるでしょう。(爆)
自分もペンタックス一式を売り払ってE-M10 or E-M5 mkIIへ行くか思案中です・・
結局、システム2つ持ってても無駄すぎるんですよね・・(苦笑)

No title

>型落ちハンターさん

はい、見事にK-5は控えに回ってしまいました。持ち出すのはよほどの気合がいる場合のみとなりそうです。(あははは…)
E-M10、いいですよ。3軸手ぶれ補正でも十分です。ハイレゾショットなんて私には宝の持ち腐れだし、ストロボ内蔵万歳です。と、さりげなく後押し。(爆)
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR