E-30を触ってみて

というわけで、実際に手に取ってみたのは今回が初めてです。
2008年12月に発売され、7年が経った本機種。まさに今更、のインプレッションでございます。

e-30.jpg

まずカメラ本体を手にしたとき、さすがに重さを感じました。そりゃあ、これまでデジタル一眼レフいろいろ使ってきましたけれど(歴代使用機種で一番近かったのはPENTAX K-5の660g)、カメラ本体が655gですから。大きさではE-30のほうがK-5より若干大きい(奥行きはわずかに薄いけど)ですが、似たり寄ったりですかね。
しかし、グリップがE-520以上に握り心地がいいのです。家電店でLUMIX DMC-GH3を手にした時もその握り心地の良さに感心しましたが、まさにその感覚です。655gという重量を受け止めるグリップの形が私の大きめの手にぴたりと吸い付く感じ。DMC-G5のグリップは指先に軽快にひっかけられる感じ、に対して掌に吸い付く感じなのです。わかるかなぁ~。(^^;;

e-30_back.jpg

カメラ背面の十字キー周囲に設けられた電源スイッチは、動きがやや渋いものの、まあ使い込まれた証でしょうか?、中古並品であることを考えれば致し方ないです。
早速レンズ(ZUIKO DIGITAL 14-54mmf2.8-3.5 Ⅱ)を装着して電源オン。
そして覗いたファインダーは確かに見やすいです。ファインダー倍率1.02(135mm換算0.51倍) K-5は0.92倍(135mm換算0.61倍)です。確かにAPS-Cや135mmフルサイズに比べると小さいですが、E-520が0.92倍(換算0.46倍)に比べるととても大きく見えます。(^^)
そして最大11か所のクロスセンサーを使用した位相差式AF。今回これが目的で買ったようなものです、はい。ファインダーを覗いて見える11か所のフォーカスポイントの指標にテンションが上がっているという始末。(爆)

AFやMFでの操作に特に気になったところはないですね。

e-30_top.jpg

で、試しにシャッターを切ってみました。
写真家にとって、こだわる人はこだわるという、シャッター音。「E-30はうるさい」と言われる方もいらっしゃるようですが・・・。
最近の一眼レフが静かになってきたので【ガシャッ】という音は確かに大きく、気にならないと言えばうそになりますが、軽薄な音の他社製機種に比べると『うむ、今、写真を撮ったっ』と感じられます。上品な音と言われたE-1などの一桁機に比べるとガサツな音かもしれません、またE-三桁機の【シャキィー】という軽快な音とも違いますが、ま、いいんじゃない?。

WBや露出補正、ISOのボタンがメニュー階層に隠されず直行ボタンとして存在するのも嬉しいですし、あとはボタン配置など使って慣れていくだけ。

では今回はこれまでで。(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒュ~ヒュ~~(爆)

E-30は一桁機とも違ってバランスが良いですね。
直後にE-620が出たり、E-P1が出たりして、一番不幸な機種のような気がします。
あんまりじっくり見たことがないんですが、独立ボタンが多くて使いやすそうですね・・

No title

型落ちハンターさん>

レスが遅くなりました。m(_ _)m
はい、とても扱いやすいですよ。
購入後毎晩のように触って楽しんでおります。
一番不幸な機種だったかもしれませんが私は幸福を感じております。(苦笑)
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR