スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーバリエーション

エントリークラスのデジイチやミラーレス、またコンパクトデジカメに多いカラーバリエーション。

オシャレに持ち歩きたい、来ている衣服とのコーディネイト等、・・・。女性ユーザーや初心者向けに媚売ってるんですよね、きっと。
しかし、コンデジならばまだ分かりますけど、ミラーレス一眼もギリ分かりますけど、

一眼レフには似合わないんじゃないかと。

NikonのD3000, D5000シリーズ、CanonのEOS Kiss7、PENTAXのK-50,70,さらにK-Sシリーズ。
硬派なイメージの一眼レフがおかげさまで軟弱なカメラになっちまった、と感じています。一部機種においては似合っていると思うものもありますが、大抵のエントリー機種が採用するプラスチック素材の安っぽさを強調してしまうことになります。そんなことするくらいならオーソドックスにブラックを選びたいものです。
過去にDMC-G6を手に入れたときに欲しい色は高くて、安いシルバー(どう見たってグレーメタリックとかチタンのような金属色)を選んだのですが、手に持っているのがだんだん嫌になりました。その理由は、プラスチック外装なのにメタリックなカラーという矛盾だったと思います。見た目はメタリックなのに、手に触るとメタリックな感触はもちろんゼロ。おまけに異様に軽い。
本来軽いことは武器になるはずなのに、逆にマイナスに感じるんですから凄いことです。

008.jpg

まだ白色のほうがマシだったかもしれません。メーカーが軽い素材としてプラスチックを採用するのは理解できるとして、そこでさらに材料種類(ガラスファイバー配合よりもペラペラな素材とか)や塗装にかかる費用をケチるのはやめてもらいたいです。
そう、カラーバリエーションをラインナップするために使う費用こそケチって  以下略。(爆)

え?そんなこと気にするならそのカメラを選ばなくてもいい?確かにそうかもしれません。
でも、哀しき貧乏性のおかげでそうそう10万円以上する高級機種に手が届かないんで、どうしても選ぶのはエントリークラスになってくるんですよね・・・。

そういえば、パナソニックは初めてのミラーレス一眼DMC-G1や新化モデルのG2に複数のカラーバリエーションがあったっけ・・・。
080913MDC-G1-01.jpg
軍幹部と色を使い分けて、ボディは艶消しのマットカラー。素材の使い方をも含めたデザインの優秀さと丁寧な塗装に、これはオシャレだな、と思いましたが・・・もうこんなデザインはしないんでしょうかね・・・。

これを考えるとオリンパスはエントリークラスのOM-D E-M10markⅡでも金属ボディ採用とかえらく奮発して作ってるなあって思います。オリンパスは手を抜かないですね。(拍手)

というわけで?、ニコンさん、D3000シリーズとD5000シリーズの赤色ボディは止めてください。(←言っちゃったよ、おい。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。