スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6について語る?

さて、先日入手した、オリンパスの10倍を超える便利ズームである。
価格コムとかでは意外に評判が良いと言われるレンズ。防塵防滴の最新モデルに比べると確かに設計が古い分物足りないと言われる方もいらっしゃるだろうが、小型軽量に拘るなら旧型も有り、と入手した。
実際にいかほどなものかと自分なりに検証してみたので参考まで。

今回は(も?)中古品入手となった。
zuiko14150.jpg
レンズ本体には外観上大きな問題はなく割と良品であると感じたが、レンズフード外側に大きな擦り傷あり、これで割安だったのかな・・・。まあ、撮影には影響ないであろうと判断した。
(上写真ではわかりにくいけど、商品名刻印のある側にちょっと深めの傷あり)
使い心地はズームリング・ピントリング共にスムース、気持ちよく使えそうであった。

以下、夕暮れ時ではあるが広角14mm側および150mm側の描写について実例紹介。

まず、14mm。
14-150_1_1.jpg
まずはパナGF5とのマッチングについてだが、ここまでの高倍率ズームレンズになるとフロントヘビーが気になるものだが、金属ボディ(しかもMADE IN JAPAN)のGF5のおかげであまり気にならない。
そしてやはりよく写っている。パナGF5との相性もいいのか、とてもいい感じに写っているのだ。
当然ではあるが周辺部光量DOWNが見られるも、私の中では許容範囲。Aモードで絞れば改善されるだろうし問題と思われるほどでもないだろう。

左下側等倍↓。
14-150_1-2.jpg
きちんと高圧線が写っているし、像流れ等が若干みられるが10倍超のズームレンズでここまで再現されている。文句を言う方がおかしい?。

150mm側。
14-150_2_1.jpg

150mm側左下部↓
14-150_2-2.jpg
AFが上空の雲に行ってしまい木々のピンボケがやや気になる(苦笑)。が、はるか遠くの高圧線がこれもきちんと描写されている。10倍超の小型軽量便利ズームでこの結果は素晴らしいと感じた。

最後に。
買って大正解と自分は思っている。パナソニックのボディにオリンパスのレンズ、大いに有り!である。
そういえば以前はパナDMC-G6にオリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ を使っていた。パナボディ+オリレンズの組み合わせは手ぶれ補正が効かなくなるのだが、最近のカメラはISO感度耐性が上がり、暗くなってもISO感度を上げてやれば十分シャッター速度を確保できてしまうのだ。写真の基本(きちんと脇を絞めてカメラを持ち、静かにシャッターボタンを押す)を意識していれば失敗写真はそうは生まれないだろう。

というわけで、参考まで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。