スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ?手元にこんなものが!?(笑)

かねてからの計画通り、LUMIX DMC-GX7を入手いたしました。
すでに旧モデル、最新モデルのMarkⅡが出てかなりの期間が過ぎているゆえ当然の中古入手でございます。
なぜ最新のMarkⅡではないのか、そう思われる方が多いと思いますが最新のMrakⅡはチルトファインダーが無くなって(一番残念)がっかりなところもあるし、GX8は大きく重い・・・。そう、GX7がいいのです、いい塩梅なのです。安いし(これ大事)。(^^;;

パナ機として初めてのボディ内手ぶれ補正内蔵、金属ボディ、そしてCONTAX Gシリーズの雰囲気を持つレンジファインダースタイルのミラーレス一眼。このスタイルのおかげで鼻の脂が液晶モニターに付く心配は右目で見る限りゼロです。

実はこれまで一眼を買うとき、当たり前のようにファインダーは光軸真上の位置のカメラを愛機として使ってきました。光学(構造)上一眼レフの宿命ですね、これが一番作りやすいのかな?一眼レフ。ポロプリズムという構造の一眼レフも実在したけれど・・・オリンパスのPEN F(銀塩時代)とか、同じくオリンパスのE-3X0シリーズとか・・・。

ミラーレスはファインダーの位置は好きにできますからね、他のメカの邪魔にならない場所にできるし、GX7のようにファインダーをチルト式にまでしてしまうわけですから、一眼レフ顔負けの機能をすでに持っているわけです。
gx7_01.jpg

あれ?と思ったのは、グリップを握って今までの感覚でシャッターボタンに人差し指を、とした時ボタンの位置に少し戸惑ったこと。まあ、慣れでしょうかねぇ。
それを除けばこれだけ私の要求を満たすカメラは現時点こいつくらいかもしれません。一眼レフほど大袈裟じゃないけれどコンデジでもない、シンプルな見かけなのにタフに使える、ストラップは三角環式、etc。
gx7_02.jpg

はい、とてもうれしい『日本製』のロゴシール。これがGX7を選んだもう一つの理由ですね。
gx7_03.jpg
ここまでの写真はi-phone 5s

で、最後にGX7で撮った写真を一枚。
2017_0429_3.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。