18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM [ニコン用]

長く放置してしまいました。m(u_u)m
仕事でドタバタすることが多くて写真どころじゃない日々が多かったのですが、最近ようやく一息つけるようになりました。

で、こうして撮影に出かけることができず機材をたまに触るくらいしかないと、持っている機材の弱点が気になってくるものです。
そう、ニコンのD3200と18-135mmの組み合わせには手振れ補正がないこととか、望遠側にもう少しゆとりが欲しいとか、etc。
マイクロフォーサーズでDMC-GX7にオリンパスの14-150mm旧ズームを付けているので、ほぼ同等の画角をカバーするのが欲しくなって・・・。

そして手に入れたのが、シグマのちょっと古い18-200mmの、手振れ補正つきの便利ズームです。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/484852.html
ニコンの18-135mmの最大径x長さ:73.5x86.5mm 重量:385g に対し、最大径×全長は75.3×87.7mm 重量は490gと、ほぼ変わらない全長は約5年分の技術進歩の結果でしょうか。重量増はズーム量の違いとかレンズ枚数の差でしょう。

というわけで早速テストを兼ねて久しぶりに時間を見つけて撮影してきました。

まずは広角18mmF3.5開放。
sigma18-200_w35.jpg
まず撮影してみて驚いたのが、ニコン18-135に比べてとても色再現が鮮やかに感じることです。ニコン18-135がNGなわけではありませんが、このシグマ18-200は眼で見た印象にとても近く、感動しました。
で、解像感については申し分ありません。D3200の2400万画素センサーの能力がいかんなく発揮されている印象です。
四隅の周辺部光量不足が見られるのはこういったズームレンズの宿命ですね。


同右上部等倍表示
sigma18-200_w35s.jpg
ここまで拡大して見るなんてほぼ意地悪だし、こんな使い方はするはずもないのですが、お決まりなので。(~_~;)
きちんと立体感が残っていますし、微妙な色違いも表現されていますし、色化けらしきものも全くないですね。

18mmF5.6
sigma18-200_w56.jpg
周辺部光量不足も気にならないレベルに改善されます。

18mmF8.0
sigma18-200_w80.jpg
ここまで絞ると、画面全体の描写のバランスが非常に良く感じます。

18mmF11.0
sigma18-200_w11.jpg


次に、中望遠域となる55mmでのショットです、開放となるF4.8。
sigma18-200_55_f48.jpg
わずかに四隅の光量不足が見られる以外、特に問題と思われるものは見られません。

同右上部等倍表示
sigma18-200_55_f48s.jpg

55mmF5.6
sigma18-200_55_f56.jpg
まだ周辺部光量不足が残ってるように見えますが、実用上問題にはならないでしょう。

55mmF8.0
sigma18-200_55_f8.jpg
ここまで絞るとワイド端と同様周辺部光量不足は全く気にならなくなります。

55mmF11.0
sigma18-200_55_f11.jpg

55mmF16.0
sigma18-200_55_f16.jpg


次にTele端200mm開放F6.3
sigma18-200_tele6.jpg
この望遠域が欲しくて買ったわけですが、ワイド端開放時と比べても解像感がそんなに落ちているように感じないのは個体差なんでしょうか。
四隅の光量不足はお約束、このレンズで光量不足を気にするならF8.0以上キープということですね。

同右上部等倍表示。
sigma18-200_tele6s.jpg
巷の情報によるとTele側の描写が落ちるとかいろいろ言われてるようですが私にはそのように感じないですね。それともD3200JPEGオンリーだからなんでしょうかねぇ。

200mmF8.0
sigma18-200_tele8.jpg

200mmF11.0
sigma18-200_tele11.jpg

200mmF16.0
sigma18-200_tele16.jpg

ま、そーゆーわけで、報告まで。
(ん?)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR