やっぱりフォーサーズが好きっ (おや?)  Part2

フォーサーズ機再入手から約3週間。
それ以前と比べて、カメラを持って出かける機会が何度かありましたが、フォーサーズのE-520が2回、Nikon D3200は1回。

時代の違う産物を比べても意味がないと思いますが、あえて比べて言うなら、フォーサーズのE-520は過去にも使っていただけに手になじむし使い方が分かりやすく楽しいです。
D3200は確かに小型軽量で、E-520に比べると遥かに優れたセンサーですが、他の部分-ボディの材質やユーザー・インターフェースが物足りないですね、特にドライブモード変更のボタンが背面ディスプレイの右下で右手で隠れてしまいがちな場所に位置するという、個人的には理解しにくい場所にあるのが欠点ですね。

そして、グリップ形状。
割と手の大きい私にとってD3200は指先に引っ掛けるように持つしかないのに対し、E-520はしっかりと掌で包み込むように持つことができる。これは、自然と手振れ防止にもつながりますし、何より心理的に安心です。
それが持ち出す回数の差になっていると思います(自己分析)。

というわけで、本日も真冬を感じる冷たい空気の中、晩秋の風景を撮ってきました。

2017_1119_1.jpg

2017_1119_2.jpg

E-520のほうが風景写真に向いてるようです。(個人的手感)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR