FC2ブログ

オリンパス E-410(420)への想い

気付けば1年以上放置してしまいました。(滝汗)

季節はあっというまに過ぎて、秋です。
秋と言えば皆さまにとっては何の秋でしょうか?。ラグビーワールドカップに盛り上がるようにスポーツの秋もいいですね。秋の夜長に読書にいそしむ、読書の秋。他にも食欲が細っていた夏が終わって、また実りの秋を満喫する食欲の秋。
私はとうとう五十代後半に突入という年になり、スポーツも好きでしたが四十代に腰を痛めたころから腰に負担のかかるスポーツからは遠ざかり、文字を読むのは苦手だし、食欲は年中あるし、・・・。というわけで選べるのは芸術の秋だけというこの種のブログ特有の誘導的オチ。(笑)

ま、そんな話はさておいて。
今、私の手元にあるのは、Panasonic DMC-G8という、殆どYoutubeのための動画撮影目的のためのカメラ。
dmc-g8.jpg
外部マイク端子も付いているのでカメラ・レンズ側で発生する音を拾わずに撮影できる、手振れ補正をボディに内蔵したミラーレス一眼で、とても便利に活用しております。

一方で本気で写真・静止画を撮るためのカメラは手元からなくなってしまいました。昨年中古で買ったミラーレス一眼・OLYMPUS OM-D E-M1も何か違う気がして、手放してしまいました。
今の所↑のカメラで写真・静止画を撮っていますが、何かが違うんです。本気で写真を撮る道具じゃない、と私の中のもう一人の自分が言っているのですよ。わかりますかね?この気持ち。

私の本気?の芸術のための道具、スチルカメラ。
私が高校生の時(フィルムの時代ですね)、友人の影響で写真に興味を持ち、OLYMPUSのOM-10を進学祝いに親に買ってもらったのが最初でした。大学に行ってバイトでためたお金でOM-40にステップアップ、更に中古でOM-4、とずっとOLYMPUS。
デジタル時代到来後の初めてのデジタル一眼もOLYMPUS E-300という、異色のデジタル一眼レフで始まりました。
そのE-300を使いながら迎えた2007年。OLYMPUSからかつてのOM-一桁シリーズを思わせる小型軽量なE-410が発表され、そのカタチに一目ぼれして購入。それからはOLYMPUSがフォーサーズ凍結するまで、比較的長く使ってきました。

E-410を長く使ってきた理由は、特に手に持っている時に伝わってくる感触やシャッターを切った時の音だとか、頭ではなく心に響くものがあったと勝手に思っているのですよね。最近の、スペックばかり追いかけてのミラーレス・フルサイズセンサー・ダイナミックレンジの広さ・WiFi・高画素・長時間録画・・・ちょっと疲れてきましたよ。だから写真を撮らなくなってしまったのかな・・・。

その後の私も最近は動画撮影が増え(それも好きな乗り物を自分目線で語る自己満足動画というオチ)、すっかり写真/静止画から離れてしまいました。

で、本題に戻るのですが、もう一度写真を撮るのが楽しかった時を思い出そうと、OLYMPUS E-410(もしくはE-420)を再入手する決意をしました。
今からすると手振れ補正もない、ファインダーも小さい、画素数も貧弱、WiFiもない、動画もとれないカメラですが、持っていて気分の良いカメラ、E-410(E-420)。何処にでも持ち出したくなる小型軽量のボディ、E-410(E-420)。

安心のカメラのキタムラ・ネット中古を最近毎日チェックしております。(~_~;)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR