フルサイズ、APS-C、フォーサーズ、・・・

皆さんご存知、撮像素子のサイズ。

昔?の銀縁フィルム時代に一般的だったフィルム(35mm)のサイズがフルサイズ。
フィルムの次に新世代カメラとかいわれて出てきたAPS-Cというフルサイズに比べると一回り小さいAPS-C。
そして、フルサイズに比べると面積は約1/4のフォーサーズ(4/3インチ〉。

あるサイトで書かれていましたが、これは自動車で言うところの排気量だ、と。
フルサイズは3ナンバー車が採用する3リッターエンジン。
APS-Cは上級車などが採用する2リッターエンジン。
フォーサーズはコンパクトカーが採用する1.3~1.5リッターエンジン。
コンパクトカメラやスマートフォンは軽自動車と同じ660cc。
ってところでしょうか。

こうたとえるとフルサイズは確かに高性能でしょうが一般ユーザーにはオーバースペックともいえるでしょう。
APS-Cあたりで趣味のカメラとしては充分、扱いやすいのはフォーサーズ、って感じですかね?。で、気楽に持ち運べるコンパクト。

最近何かとスペック第一主義のように各メーカー・専門雑誌が我々ユーザーを洗脳〈爆〉してきますが、我々は踊らされないようにしたいですね。

持ち歩く機材としては軽いほうがいいし、
プリントするにしてもA3くらいのサイズなら800万画素あれば充分だし、
撮像素子が大きいほうが遠近感を利用した写真が撮れるし、
・・・

最近の高級コンパクト、APS-Cサイズで出してるのがあるけど、車にたとえたら2リッターエンジン積んだ軽自動車なみのミニカーってところですかね?。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR