E-620の後釜について考える

先日のクリーニングで気持ち新たに使い続けるつもりですが、やはり事実上の終了が宣告されたフォーサーズ一眼レフカメラ。次なるモデルを考えざるを得ません。

第一候補はやはりオリンパス/パナソニックのマイクロフォーサーズ、俗に言うミラーレス一眼です。

マイクロフォーサーズなら今使っているフォーサーズのレンズが使えるのでまずはボディとアダプターを買えばよいというメリットもございます。
現に今、パナソニックのLumix DMC-G2を使っていますが流石にメイン機種にするには頼りない部分もございます。EVFが約0.2秒遅れだし、既に2年半ほど経過した古いカメラです。・・・
マイクロフォーサーズの機種を選ぶならパナソニックのDMC-G6ってところでしょうか。
dmc-g6_1.jpg

オリンパスのE-M1はお値段と言う問題が。(~_~;)


第二候補は、より大きな撮像素子のAPS-Cサイズデジタル一眼レフのカメラ。
d3200.jpg kissx7i.jpg

フォーサーズでは得られなかった、より高精細で立体感のある映像・世界が撮れる、というメリットがございます。また同じマウントのまま35mmフルサイズにステップアップしていく道も用意されている、というのはなんとも将来性のある話です。
まあ、あんまり高級機種でなくてもいいので入門クラスで選べばいいのかな・・・。
Nikon D3200、もしくは Canon EOS-Kissシリーズいずれかかな・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR