OVF(光学ファインダー)とEVF(電子ビューファインダー)

これまでオリンパスのフォーサーズ一眼レフ(E-410,520,420)とPanasonicのマイクロフォーサーズ(DMC-G2)を併用してきました。それぞれ同じ撮像素子サイズの、OVF,EVFを代表するレンズ交換式一眼カメラです。

結論から言うと、高性能なのはEVFのマイクロフォーサーズです。
EVFゆえにファインダー表示を大きく出来ます。
EVFゆえに補正をかけた時の様子が撮る前に確認できます。MF時に拡大表示されてピントの山が見やすくなる機種もあります。
OVFが駄目というわけではありません。EVFの特徴と言えるものでしょう。

d0298114_950638.jpg

では、OVF(ミラー式一眼レフ)がEVFより優れているところは何か。
言葉では言い表しにくい、感覚に近いところにあると思うのです。
まず、電源が入っていなくても見ることが出来る。
そして、光学ゆえにEVFの作られた像ではなく、きちんと被写体を見ているという感覚。これはEVFがどんなに頑張ってもどんなに進化しても追いつけないでしょう。
そしてシャッターを切ったときにミラーなどが動く『カシャコッ』という音、これが写真を撮ったというシャッター音。EVFのDMC-G2などはこの音がなくて作られた?感の強い電子音『ピシッ』という音。なんだか実感がないのですよね・・・。

これは聞いた話ですが、PanasonicはOVFにとって欠かせないペンタプリズム(ミラー)の光学部品の開発実績がないままDMC-L10というフォーサーズ一眼レフを作りましたが、OVFはその一台きり、以後はミラーレスまっしぐら。Panasonicには一眼レフカメラをつくる体力(技術)がないのかな、ととらせて頂きました。

ようはそれぞれの特徴があって、どっちが好きかと言う問題でもあります。
私はOVFを長く使ってきました。だからOVFが好きなんだということ。
今後長く使うのはおそらくフォーサーズ。EVFのミラーレスは一時のもの、今は所有してますがそのうち使わなくなりそうです。コンデジ持ってりゃそれでいいジャンって。

だから、オリンパスもPEN E-Pシリーズも開発のペースを落として、もういちどフォーサーズ・Eシリーズに力を入れて欲しいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR