スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-50購入にいたるまで

また長文ですが読んでいただけると有難いです。

オリンパスがフォーサーズの終了をアナウンス(オリンパスはマイクロフォーサーズへの統合と言ってましたが)してから、オリンパス経営陣の考えにもう付いて行けない、と思ったのがことの始まりでした。

さてさて、フォーサーズのシステムとその思想に感動して使ってきたカメラはE-300から始まり、E-410、E-520、そしてE-620と入れ替えながら使ってきました。レンズも14-45mmではじまり現在は14-42mm、18-180mm、9-18mmと3本体制。
もしオリンパスがフォーサーズ続投を言ってくれたら更にレンズを増やす計画もあったのですが。

・・・

というわけで先のないフォーサーズに投資するくらいなら、と他のシステムに入れ替える事を決意したのです。

まず最初に考えたのがNikonやCanonという巨大メーカーのカメラです。このメーカーならオリンパスのような事は全くないだろうと言う安心感です。
実はE-620を所有している間に一時D3100の中古機を買いかけました。Nikonと言うブランド力に・・・。しかし、E-620のような面白さを全く感じなかったし、買う前から近所の店に展示していたのを触ったのですが私の手と相性がよくなかったのかファインダーを覗いた時の右手の違和感(慣れの問題だったかもしれません)とか色々・・・。
Canonで候補機を考えるとKissシリーズです、X5とか、今ならX7iですね。しかし、筐体左肩側から背面液晶にかけてのやや野暮ったいデザインが好きになれないとか、知り合いがCanonユーザーばかりで同じメーカーのを持つのも面白くないなどというあまのじゃくな性格の私・・・。

ふと気づいたのがPENTAX。
昔、大学生の頃2年ほどMZ-1とかいうカメラを使っていた事を思い出しました。そして旭光学PENTAXという当時の社名、HOYAペンタックスとなり、今はPENTAX-RICOH。伝統あるPENTAXも紆余曲折のメーカーで今のオリンパスとそういう意味では少しは似通ってるなあ・・・でも、社名は変わってもKマウントは昔のまま引き継がれているのはユーザーを大事にしているメーカーだよなあ、と。
で、今さら気づいたのがK-30やK-50は入門機とか言われながら玄人好みのスペックを持っていること。同じAPS-C規格のデジイチをNikonもCanonも作っていますが、コストダウンの極みみたいな造りでがっかりするのが多いのにK-30もK-50も視野率約100%を実現するペンタプリズム/ファインダーとか、防塵防滴構造とか、etc。
それまではオリンパスフォーサーズ機と比べて、シャッター音が『がしゃんっ』と言う音で大きく上品さに欠けるなどと悪態をついていましたが、それはist-Digitalとかの頃の話。K-30では『がしゃっ』、K-50では更に音質が丸くなり『かしゃっ』と許せるようになっていました。(あくまで個人的な感触です)

一方でこれまで使ってきたフォーサーズのレンズ。これをまだ使えるマイクロフォーサーズのカメラをオリンパスやPanasonicが出しています。この中から選んじゃってもいいかな、なんて思いがちらほら。
で、PanasonicのDMC-G6というミラーレス一眼(マイクロフォーサーズ)。
見事にデジタルカメラであることのアドバンテージを使いきったカメラで(オリンパスのOM-Dもそうですが)、もっともコスパに優れていると感じた機種です。DMC-G2を既に持っているので、その便利さもすでに実感している昨今です。そのG2の発展型であるG6は十二分に第一候補になってもおかしくありませんでした。
しかし、何かが違うのです。デジタル一眼レフとミラーレス一眼はやっぱり素性が違う、G6はE-620の代わりにはならないだろう、と。もしG6を選んだらおそらくPENTAXを選ばなかった事を後悔するだろう、と。
というわけでミラーレスは消えました。

さて。K-30とK-50の違いはそのデザインだけ、と言われています。
リーゼントヘア(爆)を選ぶか、優等生ぶりっ子(爆)を選ぶか、って感じですかね?。(笑)
直線的なデザインは割と好きです。丸っこいデザインのNikonやCanonがいまひとつに感じたのもその辺りが理由のひとつです。オリンパスも直線的なデザインを伝統的に続けていますよね、だから好きなのだと思います。
K-50は丸みを帯びていますが、K-30に対して角を取ったくらいでまだ許せるわけで、要所は押さえた感じです。
そしてなによりブランドロゴ。
ブランドロゴが斜面にあるK-30、実は何よりもリーゼントヘア以上に私はそこに引っかかりました。
ブランドロゴは真正面に向くべき、と思うのです。まっすぐ前を向いた姿ってやはりなによりカッコいいと思うのです。だからK-30よりもどうしてもK-50でした。多少値段が高くても。

というわけで、先日価格コムの値段が落ち着いたころあいを見計らって、ポチっと・・・。

さあ、明日9日(月)の夜にK-50ダブルズームキットが届きます。

キャッシュバックキャンペーンも申し込もうと思います。

どきどきわくわく。(^^;;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

私もまったく同じ心境です。終了とは言わず統合と言っているところがいかにも責任逃れ的で許せません。あのアホどもの顔も見たくないです。(爆)

いくらマイクロが良くなろうと、OM-DやPENはE-620の代わりにはならないんですよ。そういうユーザーの微妙な気持ちをまったくわかってないんですね、あの会社は・・

フォーサーズ撤退につき、現在保有する35mmF3.5、Sigma 10-20mmを売っ払うかどうか思案中です。

K-30を買って思うことは、やっぱりペンタックスの一眼レフはいいってことです。ファインダーを覗いただけで感動の嵐ですよ(笑)。この喜びはやっぱりG6じゃ味わえないだろうなぁ・・

ブランドロゴですかぁ? カメラの前って自分では見えないですから全然気にならないですけどね。(笑)
一応、上面にもロゴがあるからいいかなって思ってます。

いよいよ明日ですね。キャッシュバックがあれば値段一緒になっちゃうんじゃないですか?
まあレンズと充電器のことがあるのでやっぱりK-30には違いありませんが・・
早まると必ず損するってことを学習しました。(涙)

No title

SORA(仮)さん>

ファインダーは確かに素晴らしいです。像が大きいだけでなく窓枠も大きくて見やすいのがメガネ君な私には何にも代えられないです。ペンタックスえらい!って思いますね。

>早まると必ず損するってことを学習しました。(涙)
そのときは『いつ買うの?今でしょ!?』って勢いだったのですよね・・・私も釣られて行きそうになりました.(~_~;)
これからは昔の人からの言葉を大事にしたいですね。 『急いてはことを仕損じる。』
 ((((~_~;)
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。