LUMIX G 14mmF2.5

皆さんご存知、マイクロフォーサーズのカメラを作るパナソニックの単焦点レンズのひとつです。パンケーキレンズともいわれる、軽量小型の広角レンズでお散歩スナップ用には最適のレンズと言われてますね。

ぢつは・・・

つ、つい衝動でネット中古を通じて買ってしまった・・・。

2014_0201-14mm.jpg

栄えある?日本製でございますです。マウント部も金属製だし、いろんな意味で嬉しいですね。

実は次なるコンパクトデジカメを検討している昨今。レンズからセンサーまでを密封して設計するコンパクトデジカメは確かにゴミはとても入りにくいと思います。だけど、万が一ゴミがセンサーに付いてしまったら、もうそれはユーザーレベルでどうにかなるものではないですね、メーカーに送って分解清掃しかないでしょう。
一方で一眼レフのようにレンズを交換することを前提したカメラはゴミが入ることも考えて対策(ゴミ落とし機能)しています。オリンパスがフォーサーズ機発表の際にSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)を搭載、今でもその技術の確かさはトップレベルとして君臨しています。そう、ゴミが入りやすい構造ってのはその対策もきちんとされているし、またユーザーレベルでもレンズを外せばセンサーを直接見ることが出来、ブロアーなどでゴミを吹き飛ばすことも出来るということ。

・・・

というわけで、次なるコンパクトデジカメの代わりはミラーレス一眼にしよう、と決まりました。
ここで手っ取り早いのはいまだ手元にしているLUMIX DMC-G2。
でもさすがにG2は一眼レフの雰囲気を持っているし、気軽なコンデジの感覚では使えません。それに、45-150mmなんてのを買いましたし、G2はシステム一眼として使いたいので・・・。
よって、目標に決められたのは、LUMIX GM もしくは GF6 とか、中古で GX1 といったところ。
え?オリンパス社製のマイクロフォーサーズ・PENシリーズですか?。ちょっとオリンパスに対してはトラウマが・・・。

というわけで?テスト撮影。
外観上の痛みらしいものは見当たらないし、MFのピントリングも適度な重みがあるし、中古の中では極上の部類だと思います。
2014_0201-14mm_28.jpg
14mmF2.5 開放

2014_0201-14mm_35.jpg
14mmF2.5 F3.5

確かに絞り開放では周辺部光量不足が気になりますが少し絞ると改善されます。
キットレンズの14-42mmF3.5-5.6と比べて画質に大きな違いは感じませんが、GMやGF6にお似合いの軽快仕様になることでしょう。
衝動的な買い物でしたが、結果としては計画的なのかもしれません。あとはGMやGF6が値下がりした頃に・・・。( ̄ー ̄)

p.s.
次にはオリンパスのボディーキャップレンズ・9mmF8.0(BCL-0980)を狙っていたりします。マイクロフォーサーズは色々面白いレンズが次から次へと出てきますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR