スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロフォーサーズ考察

このたびLUMIX DMC-GF2を中古ながら購入いたしました。これでマイクロフォーサーズ機をDMC-G2に続き2台所有することになりました。
フォーサーズとはお別れした私ですが、マイクロフォーサーズのカメラ・レンズの魅力に惹かれてまたはまり込んでいます。そのマイクロフォーサーズについて考察してみました。



オリンパスとパナソニックが提唱したマイクロフォーサーズ、レンズが各社からどんどん出てきていてまさに人気絶頂の状態です。

もともとペンタプリズムとミラーのあるデジタル一眼レフの規格・フォーサーズでスタート。一眼レフの規格だったフォーサーズのセンサーはそのままに、ミラーなどを排除してさらにコンパクトに。
1号機は2008年10月に発売となったパナソニックLUMIX DMC-G1です。

lumixdmcg1_01_s.jpg


当時、必ずしも順風満帆ではなかったフォーサーズ陣営から、切り札?として発表されたカメラでした。しかしこのカメラは当時ミラーやペンタプリズムをパナソニックが技術不足で一眼レフを作れないからなどという噂もあったとか・・・。

話が少し逸れました。(^^;;
でも、パナソニック(DMC-G1)だけだったらきっと今のマイクロフォーサーズ繁栄はなかったでしょう。続いて発表された、オリンパスのPENデジタル、E-P1。

penep1_03_s.jpg

クラシックの香り漂うデザインは昔のPENを知っている方にとっては懐かしくも嬉しい復活ともいえる名称。そして、宣伝。イメージキャラクターに宮崎あおいちゃんを使ったのがとてもよかったのでしょう、お店でも
『あおいちゃんが持ってるカメラください。』
ってお客さんが多かったと聞きます。
ここまでコンパクトになったので言えるのは、前身の規格が一眼レフ用のものだったので勘違いしそうですが、レンズ交換できるようになったコンパクトデジカメというのが正しいのかもしれません。
これで手ごたえを感じた2社は次々にモデルチェンジしながら様々な機種を投入。そして今、廉価モデルからプロスペックなフラッグシップまで揃い、(オリンパスはPEN E-PM2からOM-D E-M1、パナソニックもLUMIX DMC-GM1からGH4(発表されたばかりで未発売ですが)と、あらゆるニーズに応えられるようになっています)充実のラインナップですごいシステムだな、と感心しています。レンズに至ればキットレンズというおまけ的レンズからハイグレードレンズまでレンズ専門メーカーまで揃えて出されてます。はい、選ぶのに迷うくらい。

振り返ってみれば、マイクロフォーサーズはだ5年とすこししか経っていないんですね・・・。今やレンズ交換式ミラーレス一眼の分野では他社の追随を許さず、独走状態と言っても過言じゃないでしょう。

とかなんとか書かせていただきました。
本格的な撮影に向くカメラ(オリンパスOM-D E-M1)から気軽に持ち出せるコンデジのようなカメラ(パナソニックLUMIX DMC-GM1)にも同じレンズが使える、マイクロフォーサーズってすごいという結論です。
DMC-GM1K.jpg

DMC-GH4.jpg

↑この2機種が同じレンズを共有できるって、信じられないと思いませんか?。


私もこれから一眼レフのPENTAX K-50と、パナソニックDMC-G/GFシリーズを使い分けていこうと思います。

・・・

ところで。ミラーレスだとかイチガンだとか言う言葉、冷静に考えるとおかしな分類の言葉ですよね。コンデジなんてミラーレスだし、イチガンだし。
同じセンサーのまま光学ファインダーのカメラ(一眼レフ)だったりミラーレスだったり。
いまやEVF(電子ビューファインダー)も進化してOVF(光学ファインダー)のように自然な見栄えが得られるし、・・・。近い将来、EVFの進化によっては一眼レフの時代は終わるのかもしれません。その時にどんなシステムが市場に残るのか、楽しみではあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。