スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラーレスイチガンという分類

最近デジタルカメラの世界で注目されている、ミラーレス一眼。

この『ミラーレス』という言葉、ワタクシ最近ちょっとなんだかなあ、と思っているのでございます。だって、『ミラーレス一眼』の売り場にはNikon1やCanon Eos M,OLYMPUS Pen,などと言った旧来のコンデジを大きくしたようなモデルからファインダー(EVF)を標準装備したOLYMPUS OM-Dシリーズ,Panasonic GH/Gシリーズまで多種多様にあります。
これをすべて一つの分類に囲ってしまうのは強引にも思うのですよね。構造上の専門用語が独り歩きしている、そんな感じかな?。

また、『一眼』という言葉も冷静に考えると今のカメラは全て『一眼』です。過去のフィルム式コンパクトはファインダーのための窓があったのでいわば『二眼』でしたが、今はセンサーに写る画像を電気信号に変えて背面のディスプレイに映しているだけ、見事に『一眼』です。

もともと一眼レフって銀塩フィルム時代に技術者がフィルムに写るのと全く同じ像を見るために考え出したもの、デジタルカメラの時代の今はEVFという手法があるわけで 以下略。(爆)

私個人的にはファインダー付はEVF一眼、ファインダーのないのはレンズ交換式コンパクト、などと呼び方を変えちゃってもいいんじゃないの?って思うこのごろ。だって、PanasonicのLUMIX DMC-GH3(4)とLUMIX DMC-GM1が同じ分類のカメラだと言われて、はいそうですねって言えないでしょ?。

gh3gm.jpg
(写真は某所より拝借)

え?DMC-GX7は何かって?コンデジスタイルのEVF一眼かな?・・・光軸上にファインダーがないからイチガンとも呼び難いし・・・。わかりません。(汗)

まとまりのないひとりごとでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近、うちのブログではミラーレスの事をレンズ交換式カメラと表現するようにしました。

特に意図はないのですが、結局、仰る通り、コンデジっぽいのから、一眼レフタイプのものまで多種多様で、単純にレンズが一体になっているコンデジと区別する意味で使っています。

ただ面倒なのが私がカメラと認めているのは覗くタイプのファインダーがあるカメラだけで、そうなると「EVF内蔵、もしくはEVFがアクセサリーとして存在しているレンズ交換式カメラ」、と無茶苦茶言葉が長くなるんですよぉ(笑)。

No title

BigDaddyさん>

長っ。(笑)

メーカーはユーザーの色々な声・ニーズにミラーレスの構造を利用して応えてくれた結果なのでしょう。ですが、あまりにバラバラに作ってくれるので(カメラマニアとしては欲しいモデルが多くなっていいのでしょうけど)どれがいいのか判らないんですよね。

というわけで最近またDMC-G6が欲しくなってきています。(自爆)
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。