スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブビューと一眼レフとデジタル一眼

デジタル一眼レフにライブビューは本当に必要なのでしょうか?

もともと一眼レフは撮像センサーの手前にミラーがあって、ライブビューを実現するにはそのミラーがとても邪魔で不可能ではないにしてもライブビュースタイルにすると一眼レフである意味がないと言わざるを得ません。
その、ある意味行ってはいけない領域に踏み込んだのがオリンパスE-330でした。E-330は生まれつき変り者な一眼レフでしたが・・・。
e330.jpg
(某所より拝借)

一眼レフカメラの撮影スタイル大きく変えたカメラです。ある意味パイオニア的存在のカメラです。

でも、本日少し時間があって日中家電店でNikon D7100を見て触って気づきました。
一眼レフの大きなボディを持ちながらライブビューで撮影するって、かなり難しいです。しっかり脇を閉めてファインダーを効き目で覗いて、というスタイルでないと少しでも大きなレンズを付けていると不安定極まりなく疲れます。オリンパスのデジタル一眼レフ(特にE-3桁シリーズ)は他社APS-Cおよび135サイズよりも小型軽量だから、ライブビュースタイルもまだ使えたのでしょう。
というわけでやっぱり一眼レフにはライブビューって不要なんじゃないかと。だって、いちいち切り替えボタン(レバー)を操作しないとOVF/ライブビューの切り替えができないし。

一方、最近はやりのミラーレスでもあるEVFデジタル一眼。
これは当然一眼レフよりも小型軽量だし、ファインダー脇にセンサー付けてやることでEVF/ライブビューの切り替えは自動でやっちゃってくれるので、撮影スタイルが自由自在で

dmc-g6_01.jpg
(こちらも某所より拝借)

この、割と気軽に出来るところが気に入ってるんですよね、私。<EVFデジタル一眼。
一眼レフ同等の姿形をしているのもいいところ。♪(私的意見大いに入っています、はい)

で、先日オリンパスE-410を再入手しましたが、これはこれでタンスにて肥やしになるやもしれません。
コンデジの代わりとしてDMC-GF2を持っていることですし、その交換レンズもあることなので(45-150mm)近い将来DMC-G6なんかを手に入れる計画でございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。