スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6について語る?

さて、先日入手した、オリンパスの10倍を超える便利ズームである。
価格コムとかでは意外に評判が良いと言われるレンズ。防塵防滴の最新モデルに比べると確かに設計が古い分物足りないと言われる方もいらっしゃるだろうが、小型軽量に拘るなら旧型も有り、と入手した。
実際にいかほどなものかと自分なりに検証してみたので参考まで。

今回は(も?)中古品入手となった。
zuiko14150.jpg
レンズ本体には外観上大きな問題はなく割と良品であると感じたが、レンズフード外側に大きな擦り傷あり、これで割安だったのかな・・・。まあ、撮影には影響ないであろうと判断した。
(上写真ではわかりにくいけど、商品名刻印のある側にちょっと深めの傷あり)
使い心地はズームリング・ピントリング共にスムース、気持ちよく使えそうであった。

以下、夕暮れ時ではあるが広角14mm側および150mm側の描写について実例紹介。

まず、14mm。
14-150_1_1.jpg
まずはパナGF5とのマッチングについてだが、ここまでの高倍率ズームレンズになるとフロントヘビーが気になるものだが、金属ボディ(しかもMADE IN JAPAN)のGF5のおかげであまり気にならない。
そしてやはりよく写っている。パナGF5との相性もいいのか、とてもいい感じに写っているのだ。
当然ではあるが周辺部光量DOWNが見られるも、私の中では許容範囲。Aモードで絞れば改善されるだろうし問題と思われるほどでもないだろう。

左下側等倍↓。
14-150_1-2.jpg
きちんと高圧線が写っているし、像流れ等が若干みられるが10倍超のズームレンズでここまで再現されている。文句を言う方がおかしい?。

150mm側。
14-150_2_1.jpg

150mm側左下部↓
14-150_2-2.jpg
AFが上空の雲に行ってしまい木々のピンボケがやや気になる(苦笑)。が、はるか遠くの高圧線がこれもきちんと描写されている。10倍超の小型軽量便利ズームでこの結果は素晴らしいと感じた。

最後に。
買って大正解と自分は思っている。パナソニックのボディにオリンパスのレンズ、大いに有り!である。
そういえば以前はパナDMC-G6にオリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ を使っていた。パナボディ+オリレンズの組み合わせは手ぶれ補正が効かなくなるのだが、最近のカメラはISO感度耐性が上がり、暗くなってもISO感度を上げてやれば十分シャッター速度を確保できてしまうのだ。写真の基本(きちんと脇を絞めてカメラを持ち、静かにシャッターボタンを押す)を意識していれば失敗写真はそうは生まれないだろう。

というわけで、参考まで。

形から入るという美学?

zuiko14150.jpg

はい、皆様お久しぶりです&長らくお待たせしました。
当分カメラネタはないなぁ、と思いつつ手に入れてしまったレンズ。オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 14-150mm/F4-5.6です。

防塵防滴の新型モデルのほうがいいのは分かっていますが、私が使っているマイクロフォーサーズ機はすでに4周りくらい古いDMC-GF5ですから、古い14-150mmのほうがお似合いなんですよね。
それに、ずっと前から10倍便利ズームを手に入れたいという気持ちがあったのも事実です。パナの14-140mmのほうが手ぶれ補正が付いているのになぜ手ぶれ補正の付いていない組み合わせになるのにオリ14-150を選んだのかと問われると思います。
その答えは、軽量コンパクトで組み合わせたときにカッコイイからです。

そう、カッコよさはとても大事です。
マイクロフォーサーズのサイトにカメラボディとレンズの組み合わせのシミュレーションができるページがあります。
(参考:http://www.four-thirds.org/jp/special/matching.html)
GF5のボディにLUMIX G VARIO HD 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.を試すと似合わないにもほどがある、てくらいになっちゃうんですよね。初代モデルよりもコンパクトになったはずなのに、DMC-GF5にはまだまだ大きく重たいのは事実、私の美学に反します。(爆)

また、使っているGF5もそう遠くないうちにGX7(MarkⅡ含めて)あたりにスイッチすることを考えております。
GX7ならボディ内手ぶれ補正を搭載されてます、オリンパスの5軸手ぶれ補正に比べると大幅に弱いでしょうが、精神安定剤みたいなもの(苦笑)、無いよりはいいですからね。
そのGX7の相棒に4-42mmF3.5-5.6PZと45-150mmF4-5.6が悪いわけじゃありませんが、ちょっと背伸びしてデザインのバランスの取れる M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm/F4-5.6 をまずは入手しておこうというわけです。



というわけで、まずは一枚テスト撮影。

2017_0312_1.jpg
初春の夕暮れを撮影。(JPEG撮って出し)

難しい光線状態でも影の部位が潰れずに再現されていますし、このレンズ一本で換算28mmから300mmまでカバーできるのはとても役に立ちそうです。(^.^)

北条鉄道網引駅の大銀杏

兵庫県のほぼ中心の盆地を走るローカル線、北条鉄道。
その路線途中にある網引駅前にはここ最近大銀杏が有名なスポットになり10月末頃~11月中頃まで、写真を撮りに来る方が増えてきているそうです。
というわけで例にもれず私も行ってきました。

2016_1120_01.jpg
使用した35mmフィルム換算24mmからのズームレンズにも入りきらない、立派な大きさのイチョウの樹です。
奥に移っている駅舎の大きさからその大きさが分かると思います。 
地元の方も来られていたので話を聞くと、1週間前は頭上にも黄色く色づいた葉と足元も絨毯のように黄色く染まっていたとのこと、私はちょっと遅かった?。(~_~;)
その立派な樹に圧倒されながら数枚撮影、その中から一応?厳選して貼っておきます。

2016_1120_02.jpg
マッチ箱を連想する小さな1両編成ワンマンの列車です、ホームにもイチョウの色づいた葉で黄色く染まっていました。

Panasonic LUMIX DMC-G5 から DMC-G6 へ

これまではDMC-G6よりもDMC-G5だ、とG5を購入して色々と長く使ってきました。OLYMPUS E-30と使い分けながら・・・。
一台のデジタルスチルカメラとしての完成度の高さはDMC-G5のほうが確かに上だったと思います。G6よりも小さい印象、そのボディ重量だって小さく見えるG5のほうが重たくて(たった6gですが)、手にした時の印象がG5のほうが良い、という理由からです。

しかし、1年以上長く使っていくうちに、『MF時のピーキング機能が欲しい』と思うようになりました。

ピーキング機能を持っているカメラというと、PanasonicのDMC-G6もしくはG7、GX7mkⅡ、GX8、GH4、またOLYMPUSからはE-M10mkⅡ以上の機種に採用されています。この中から自分の手に合う機種となると、どうしてもPanasonic機になります。
その中で更に消去法で選ぶと、DMC-G6になっちゃうわけです。
G7はさらに発展した、ソフトウェアとしては完成度の高いモデルなんでしょうけどそのハードウェアの材質やあまりのガッコンバッコン的なデザインが許せなくて・・・(笑)。

また、愛用するスマホを使って離れたところからフレーミング確認・ズーム(パワーズームレンズのみ)、更にリモート撮影ができるとか。スマホにアプリ『Panasonic Image App』をインストールして連携させれば離れたところから遠隔操作して、セルフタイマー使って撮影の瞬間はスマホをポケットに放り込めば全員集合の記念撮影だって簡単。
また、撮った写真をすぐにスマホに転送してSNSにアップすることもできます。スマホのカメラよりもずっときれいな画像を手軽に簡単に扱えるのは旅先では確かに便利です。
というように、DMC-G5よりも便利で優れたところが当たり前ですがいっぱいあります。

そう、初めてDMC-G6を入手した時、これだけの優れた機能に気づかなかったのです(阿保です)。また、間違ってシルバー色を選んでしまったのです。シルバーでも塗装の質が良ければいいのですが、塗装までコストダウンの対象になっている感じで、精密機械を持っている感じが全然しないんですよね。少々高かろうがブラックを選んでいればまだ良かったのかもしれません。

dmc-g6_n.jpg

とりあえず?シルバー色(グレーメタリックと言える色)よりも若干ながら高級感のある、艶消しのブラックです。手にした時にその軽さには今でも拍子抜けすることもありますが、やっぱりカメラは基本この色ですね。
ファインダーの見え方がG5に比べると隅の方が変に見えますが、それも理解して使っていくつもりです。

白井大町藤公園

先日の5月2日(月)、連休なので家族サービス兼ねて遠出、その時に撮影してきました。
カメラ機材はDMC-G5、レンズはZUIKO DIGITAL ED 12-50mmf3.5-6.3 EZオンリー。

2016_0502_01.jpg
藤の花が園内所狭しと満開の状態でした。

2016_0502_02.jpg
日本一と言われている藤棚、このカットはほんの一部です。

2016_0502_03.jpg

2016_0502_04.jpg

2016_0502_05.jpg
山間に作られた公園、鯉のぼりが20匹くらい快晴の青空をバックに気持ちよさそうに泳いでいました。
プロフィール

Kan 

Author:Kan 
写真よりも写真を撮る道具・カメラそのものに拘りをもつ、変り者です。
オリンパス・フォーサーズに感銘&失望し、現在はNikon D3200とPanasonic LUMIX DMC-G6/GF5を使い分けています。
基本的に週末更新ですがどうぞよろしくです。

カウンター
あなたは
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。